海外資産の相続

海外資産の相続

永峰潤/三島浩光[著]

2014.09.19

814円(税込)

幻冬舎メディアコンサルティング

新書

ネットで買う

書籍内容

国際税務のプロが海外資産をお荷物にしない方法、教えます。

ハワイ、オーストラリア、カナダ、シンガポール……
世界中にクライアントを持つ国際税務のプロだから教えられる相続税と現地手続き
海外資産の相続において問題となる点を徹底検証!
特に日本人が資産を保有しているケースの多い主要な国・地域における相続対策を紹介!
国や地域ごとに留意しなければならないポイント、手続き上の注意点、特に複雑な日本の相続税と海外資産との関係を解説する。

〝これまで35年にわたって、国際的な会計・税務の専門家として、海外資産やその税務処理に関する相談に応じてきました。
その経験を踏まえていえることは、それぞれの国ならではの課税の特徴があり、それらを押さえたうえで、相続対策をしなければならないということです。
本書では、海外資産の相続において問題となる点を具体的に検証したうえで、
特に日本人が資産を保有しているケースの多い主要な国・地域における相続対策を紹介していきます。
国や地域ごとに留意しなければならないポイント、手続き上の注意点についても触れていきます。(「はじめに」より抜粋)”

目次

第1章 資産運用のための海外資産が相続時にお荷物と化す
・海外資産の相続対策は日本ではほとんど意識されていない
・海外投資ブームのなか、海外資産を持つ日本人は増えている ほか

第2章 複雑すぎる日本の相続税と海外資産の関係
・海外資産を円満に相続するためには、相続税の理解が不可欠
・海外財産を把握する国外財産調書制度とは ほか

第3章 国や地域ごとに異なる海外資産の相続対策
・オーストラリア、シンガポール ほか

第4章 スムーズな相続を実現する海外資産の生前対策
・将来相続人となる人が英語または現地語に不自由がないか
・将来相続人となる人が英語または現地語が苦手な場合 ほか

著者:永峰潤/三島浩光

■永峰 潤
公認会計士・税理士。東京大学文学部西洋史学科卒業。米国ペンシルヴァニア大学ウォートンスクール卒業(MBA)。等松青木監査法人(現監査法人トーマツ)、バンカーズ・トラスト銀行(現ドイツ銀行)を経て、現在、永峰・三島会計事務所パートナー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

■三島浩光
税理士。中央大学大学院商学研究科修了。BDO三優監査法人税務部門を経て、現在、永峰・三島会計事務所パートナー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ネット書店

  • https://amzn.to/3f3Yc6Z

オススメ書籍

まんがで分かる その不動産、高値で売れます!

森下 康幸

ストーリーで分かる オークションで不動産を高く売る方法

露木 裕良

ここから始めよう 脱力系・不動産投資

榊原 慎也

事例で学ぶ MRのための不動産投資

大山一也 , 高橋侑也