口の中を見れば全身の病気がわかる

口の中を見れば全身の病気がわかる

島本英治[著]

2013.12.02

814円(税込)

幻冬舎メディアコンサルティング

新書

ネットで買う

書籍内容

歯医者には虫歯以外の病気も見えている!
口腔の異常は、重病のシグナル
毎日のチェックで病気を早期発見⇒早期治療

舌がむくんで歯型がつく→内臓疾患、舌が地図上→炎症性疾患、口内炎→免疫力低下etc.
口の中には全身の異常が現れる! 局所治療などの対症療法に重きをおく現在の歯科治療では、
口の中に現れる体のSOSに応えることはできない。
こうした現状に風穴をあけるのが、代替医療の「漢方」と「バイオレゾナンス」を組み合わせ、
全身状態を把握しながら症状の元である根本原因を推測していくアプローチである。
「未病」を実現するための口腔セルフチェックと「原因追求型」の新しい歯科治療法を公開。
健康で長生きしたい人、必読の一冊です。

目次

第1章 実は歯医者には虫歯以外の病気も見えている
第2章 口の中の状態に無頓着な日本人
第3章 口腔チェックが病気の早期発見・予防への近道
第4章 口の中と全身の調子を整える「漢方」治療

著者:島本英治

医療法人社団SFDC・わらびスマイル歯科クリニック理事長。島本歯科診療室院長。1970年東京都生まれ。1995年3月奥羽大学歯学部卒業。1998年4月島本歯科診療室開設。2001年頃より代替医療に興味を持ち自分の喘息を改善させるために、様々な講習に参加。2003年よりバイオレゾナンスを学び、過去に3回渡独し技術の習得をする(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ネット書店

  • https://amzn.to/3f3Yc6Z

オススメ書籍

アトピー・花粉症もスッキリ! アレルギーは腸から治す

林 隆博

一生動けるカラダをつくる! 40歳から始めるノグチ式筋活

野口 眞利

病院を発展・黒字化させる 電子カルテイノベーション

山本 篤憲

世界的な脊椎外科医が教える やってはいけない「脊柱管狭窄症」の治し方

世界的な脊椎外科医が教える やってはいけない「脊柱管狭窄症」の治し方

白石建