親の介護を考え始めたら読む本

柴田 元[著]

2024.05.01

1760円(税込)

幻冬舎

単行本

ネットで買う

書籍内容


避けられない親の「老い」……

いずれ直面する介護問題を少しでもラクにする「介護の基礎知識」

要介護と要支援の違いから、介護を始めるために必要な手続き、介護をラクにする制度の利用方法まで……
地域包括支援センターを統括するベテラン医師が分かりやすく解説。

親がまだ若くて元気だと、介護なんてまだまだ先のことだと考えてしまいがちです。しかし、認知症の発症や転倒による骨折、入院といったことがきっかけで、ある日突然介護が必要になるということは、決して珍しい話ではありません。日本では介護の負担を減らす助けとなる制度が充実していますが、いざというときにそれらを適切に利用するためにも、利用できるサービスの種類や手続き方法などを知っておく必要があります。
本書では、いままさに親の介護問題に直面している人はもちろん、いずれ訪れるその時に備えておきたい人に向けて、役立つさまざまな「介護の基礎知識」を紹介します。

著者は地方都市でリハビリテーション病院の院長を務めるかたわら、地域包括支援センターを統括する理事長として、地域の高齢者が住み慣れた場所で安心して暮らし続けられるサポートをしています。その経験を活かし、介護が必要になった際に家族がとるべき行動や、受けることのできる支援、サービスにはどのようなものがあるのか、地域包括支援センターがどのようにして高齢者やその家族を支援するのか、さらにその際の相談先や手続きについてなど、実際にあったケースをふまえて詳細に分かりやすく解説しています。

大切な親と、自分自身の人生を守るために――親の介護を担う人が向き合う不安や困難に解決の道を示してくれる一冊です。

著者:柴田 元

1977年、久留米大学医学部卒。同第3内科(現:心臓・血管内科)入局。1979年、門司市民病院勤務を経て、1980年、国立循環器病研究センター勤務。1983年、久留米大学医学部第3内科助手。1985~1987年、産業医科大学リハビリテーション科非常勤講師。1995~1996年、デンマーク、ドイツ、イギリスなどで医療・介護・福祉研修。1996年、医療法人かぶとやま会理事長/久留米リハビリテーション病院院長に就任。

ネット書店

  • https://amzn.to/3f3Yc6Z

オススメ書籍

ロボット薬局 テクノロジー×薬剤師による薬局業界の生き残り戦略

渡部 正之

“原因不明の病”に希望をもたらす硬膜外気体注入療法

高木 清/川原 隆

虫歯は抜かずに薬で治す

上原 良一

コストゼロでつくる小さな会社の健康な職場

富田 崇由