彷徨える日本史 今、解き明かす「征韓論」西郷隆盛は主流かそれとも傍流か

源田 京一[著]

2022.02.25

1650円(税込)

幻冬舎

単行本

ネットで買う

書籍内容

西郷の“英雄像”を解体する

彷徨える日本史シリーズ 第四弾

西郷隆盛が隼人族と共に沈む姿は、
真に信頼されるべき政治家であったのか、それとも大日本帝国の軍人であったのか。
今なお謎多き「征韓論」を根底から見直し、
これからの東アジアの安寧の一助とした一冊。

歴史とは「学ぶ」ものではなく、
各々が向学心をもって「考える」べきものである。

目次

第一章 明治維新とは何だ
第二章 大日本帝国を取り巻く世界(東アジア)の環境
第三章 武家政権の外交認識と朝鮮侵略
第四章 明治六年(一八七三)政変
第五章 「征韓論」の正体

著者:源田 京一

著書
『彷徨える日本史 翻弄される赤穂の浪士たち』
『彷徨える日本史 誣説が先行する南海の美少年 天草四郎時貞の実像』
『彷徨える日本史 皇国主義者、スプリンター作家三島由紀夫が『葉隠』で見た武士道の世界と陥穽』(いずれも幻冬舎)

ネット書店

  • https://amzn.to/3f3Yc6Z

オススメ書籍

少女神 ヤタガラスの娘

みシまる 湟耳

倭の原像 上 -東北アジアの航海交易勢力として交易による技術文明と統治体制の形成

平井 進

記紀神話は日本の古代史を物語る 理系学者が読み解く記紀神話

宮崎照雄

荒れ地を農地にプロジェクト SDGs沖縄での実践

上田 英代

上田 裕一