荒れ地を農地にプロジェクト SDGs沖縄での実践

上田 英代[著]

上田 裕一[著]

2022.01.28

1650円(税込)

幻冬舎

単行本

ネットで買う

書籍内容

沖縄での30年にわたるプロジェクトをカラー写真と詳細な解説で綴る。

土壌菌から培養した超好熱菌により、
ごみ処理の根本を焼却から発酵へ変え、再資源(堆肥)化する。

生ごみ堆肥をたっぷり施した島バナナは、驚くほど成長がよく味も濃厚。
通年の路地栽培も可能で、風対策をとれば新たな産業として期待できる。
沖縄での30年にわたる軌跡をカラー写真と詳細な解説で綴る。

目次

第1章 沖縄:転地療養半年・ヤンバルの「職・食・医」改善へ
第2章 土づくりは堆肥から
第3章 荒れ地を農地に:ミレニアムプロジェクト
第4章 荒れ地から建築構造物上農園に
第5章 本格的な島バナナづくり
第6章 新たな荒れ地を求めて
第7章 少子高齢社会の持続・発展の切り札

著者:上田 英代

昭和41 年3 月 東京大学医学部医学科卒業
昭和51 年5 月 独協医科大学脳神経外科助教授
昭和63 年5 月 もとぶ野毛病院院長
平成7 年9 月 医療法人野毛会もとぶ野毛病院理事長

ネット書店

  • https://amzn.to/3f3Yc6Z

オススメ書籍

少女神 ヤタガラスの娘

みシまる 湟耳

彷徨える日本史 今、解き明かす「征韓論」西郷隆盛は主流かそれとも傍流か

源田 京一

記紀神話は日本の古代史を物語る 理系学者が読み解く記紀神話

宮崎照雄

ユダヤ系多氏が語る装飾古墳 描かれた△○の意味

石川 雅晟