ユダヤ系多氏が語る装飾古墳 描かれた△○の意味

石川 雅晟[著]

2022.01.14

990円(税込)

幻冬舎

新書

ネットで買う

書籍内容

“記号”に隠された真実とは

九州地方に数多く存在する装飾古墳。
そこには、古代日本とユダヤとのつながりが残されていた。
長らく謎に包まれていた真実が、いま明らかになる。

✡多氏の装飾古墳に描かれた記号は唯一神ヤハウェを表している⁉
✡伊勢神宮にも「ダビデの星」が描かれている⁉
✡「日・ユ同祖論」ならぬ「騎馬・ユ支配説」を提唱!

歴史探偵 石川雅晟のユダヤシリーズ第5弾!

目次

はじめに
第一章 「国譲り」の戦後処理
第二章 魏志倭人伝・『記紀』神話と、多氏との複雑な関係
第三章 崇神に協力した氏族が支配する東国
追記
むすびに

著者:石川 雅晟

1945年、愛知県生まれ。
1967年、同志社大学経済学部卒業後、蒲郡信用金庫に入社し支店長などを歴任。
1993年、眼科医療機器総合メーカーの株式会社ニデックに入社、のち常務取締役。
また、再生医療の株式会社ジャパン・ティシュ・エンジニアリングの創業メンバー
として、社外取締役に就任。2010 年、定年退任。
著書に
『『古事記』の中のユダヤ 平安京に隠された「ダビデの星」』
(日本経済新聞出版社、2017年)、
『隠された「ダビデの星」東寺曼陀羅と平城京外京』
(幻冬舎ルネッサンス新社、2018年)、
『魏志倭人伝の中のユダヤ出雲大社に隠された「ダビデの星」』
(幻冬舎ルネッサンス新社、2019年)、
『ユダヤ系秦氏が語る邪馬台国出雲神話、日向神話および魏志倭人伝などの相互関係』
(幻冬舎ルネッサンス新社、2020年)などがある。

ネット書店

  • https://amzn.to/3f3Yc6Z

オススメ書籍

少女神 ヤタガラスの娘

みシまる 湟耳

彷徨える日本史 今、解き明かす「征韓論」西郷隆盛は主流かそれとも傍流か

源田 京一

記紀神話は日本の古代史を物語る 理系学者が読み解く記紀神話

宮崎照雄

荒れ地を農地にプロジェクト SDGs沖縄での実践

上田 英代

上田 裕一