協同の基礎理論 「おせっかい」のすすめ

浅尾 郁夫[著]

2022.05.02

1864.5円(税込)

幻冬舎

単行本

ネットで買う

書籍内容

「自分のことをするか、少しおとなりを手伝うか」
あなたは、どちらを選びますか

我々生物はみな、互いに支え合って生活を営んでいる。
そもそも協同はなぜ、生物界に誕生したのか。
そして、どのように進化してきたのか――。
「南医療生活協同組合」を定年退職まで勤め上げた著者の
豊富な経験と、確かな知見に基づく「現代版おせっかい論」。

目次

第1部 生物の進化と協同の進化
第2部 行動と所有
第3部 協同意識と仮想空間
第4部 所有と資格と権利と所有権
第5部 協同所有と協同組織
第6部 人類の協同の進化
第7部 共同体群の大移動
第8部 古代の協同意識と統一神
第9部 神聖と俗世の中世
第10部 一揆と共同体
第11部 近世の協同の様子
第12部 共同体解体と所有権の近代
第13部 くらしの組織崩壊の近現代史
第14部 協同組合の歴史的使命
第15部 現代に共同体を再建
第16部 未来社会への手立て
第17部 協同の未来社会をつくる

著者:浅尾 郁夫

1954 年 愛知県岡崎市に生まれる
1978 年 愛知大学法経学部卒業
同年 南医療生活協同組合に入職
みなみ診療所、総合病院南生協病院、星崎診療所、たから診療所に勤務
2001 年 南医療生協組織部(現・地域ささえあいセンター)勤務
2020 年 南医療生協を定年退職

ネット書店

  • https://amzn.to/3f3Yc6Z

オススメ書籍

人類はこうして戦争をやめることができる

本田 幸雄

沈みゆく日本 救うのは「先人に学ぶ逆転の一手」

早川 輝藏

創造と反骨の世界―デジタル放送研究開発史

山田 宰

亡国の地鳴りが聞こえる 混迷の奥に見えるもの

徳永 圀典