安定収益と社会貢献を両立する 小規模保育園経営

安定収益と社会貢献を両立する 小規模保育園経営

河村憲良[著]

2021.03.22

1650円(税込)

幻冬舎メディアコンサルティング

単行本

ネットで買う

書籍内容

待機児童問題、園児の事故、保育士の劣悪な労働環境――。
これらの課題は経営者が「小規模保育園」事業に参入すれば解決できる。

保育園経営は企業の参入が難しいと思われがちだが、実際はそうではなく安定収益をもたらし、社会貢献もできるビジネスである。
なかでも小規模保育園なら、保育園業界に山積する問題を一挙に解決。
本書では開業の流れから、実際のシミュレーション、運営における注意点まで、運営のポイントを網羅的に解説していく。

目次

はじめに
第1章 待機児童問題、未満児の事故、劣悪な労働環境
-保育園業界は課題が山積!?
第2章 安定収益と社会貢献を両立する
-「小規模保育所」とは
第3章 事業計画、立地選び、保育士の募集・採用……
-「小規模保育所」開業の流れと注意点
第4章 小規模保育所の運営・キャッシュフロー
第5章 開業後トラブルゼロで運営するためのポイント
おわりに

著者:河村憲良

株式会社Five Boxes 代表取締役
大学院卒業後、政治家を志す。自動車関連のフランチャイズに加盟したのち、学習塾の経営に乗り出す。岐阜県可児市に学習塾「想論館」をつくり、生徒7人のスタートから約1年で126人が通う人気塾へと成長させる。2011年時点の生徒数は500人を超え、順調な経営の只中に東日本大震災が発生。これを機に政治家の夢に立ち返る。2011年8月、岐阜県八百津町の町議会議員に立候補し当選、政治家としての職務に従事する。
社会福祉の古い体質や社会的弱者の現状に立ち向かう。2015年9月の2期目スタート直後に、保育園統合問題が発生し、2016年1月に町長に立候補するも落選。経営者に戻る。現在は、事業性をもって社会問題を解決する集団として「教育」「介護」「福祉」「育児」「生活」に携わる事業を岐阜県中心に展開している。

ネット書店

  • https://amzn.to/3f3Yc6Z

オススメ書籍

リーダーのための動機づけ面接 実践編

濱田 佳代子 , 後藤 英之 , 石黒 仁

交通事故、労働災害、転倒・転落…… 患者が知っておくべき脊髄損傷リハビリ

柴田 元/

一品勝負 地方弱小メーカーのものづくり戦略

梯 恒三

驚くほど業績が上がる 中小企業のための「コンサルティング」活用術

山中 一浩