子どもの目が「おかしいな」と感じたら読む 子どもの目の病気事典

子どもの目が「おかしいな」と感じたら読む 子どもの目の病気事典

星合繁[著]

2021.01.18

1650円(税込)

幻冬舎メディアコンサルティング

単行本

ネットで買う

書籍内容

子どもの視力低下は「目の病気」のサイン!?
「見る力」は10歳までのケアで決まる!

小児眼科の治療&手術実績多数!
20年以上のキャリアをもつ眼科医が
症状やその原因、病気を特定するための検査を徹底解説!

□ テレビを近くで見ている
□ 目を細めて物を見ている
□ 外に出るとまぶしそうにしている
□ よく頭を傾けて物を見ている
□ 黒目の大きさ、形がどうもおかしい
□ 瞳が白く見える、光っている
□ いつも涙でウルウルしている

あなたのお子さんが上記のような動作や行動を頻繁にしていたり、
症状が出ているようでしたら、目の病気にかかっている可能性があります。

本書は子どもの動作や行動から「おかしい」と気づいたとき、
どのような目の病気が考えられるかを紹介することで、
早期発見・早期治療につなげる「子どもの目の健康を守る」1冊です。

★気になる行動から目の病気が分かるチェックシート付き★

目次

はじめに
第1章:子どもの目の病気は視力低下から始まる
第2章:病気を理解するために知っておきたい目の仕組み
第3章:物が見えづらい、二重に見える、ぼやける、目が痛い、痒い
……子ども自身で「目がおかしい」と気づく病気
第4章:目に左右差がある、瞳が白い気がする、いつも目がウルウルしている
……周りが見て「目がおかしい」と気づく病気
第5章:知っておけば怖くない――病気を特定するさまざまな検査
第6章:生活環境を整えて子どもの目の健康を守る!
おわりに

著者:星合繁

ほしあい眼科院長
1998年 佐賀医科大学卒業後、佐賀医科大学付属病院勤務。
その後、三井大牟田病院勤務を経て、2000年に東京理科大学生命科学研究所に入所。
2001年より栗原眼科病院にて副院長を務める。
2010年4月にほしあい眼科を開院、現在に至る。
網膜硝子体手術、斜視手術を得意とし、多数の手術実績をもつ。
眼科専門医、PDT認定医、ボトックス認定医、トラベクトーム認定医、ICL認定医、先進医療認定医ほか資格保持者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ネット書店

  • https://amzn.to/3f3Yc6Z

オススメ書籍

奇跡の介護リフト 介護業界に風穴を開けた小さなメーカーの苦闘の記録

森島勝美

健康脳が寿命を延ばす

谷 茂

あなたの骨は大丈夫ですか? すぐできる骨粗鬆症予防

佐藤 勝彦

三幸主義 理念で切り拓くヘルスケアの未来

小田長 竜太郎/