増補改訂版 無敵のグローバル資産 「航空機投資」完全ガイド

航空機投資研究会[著]

2022.09.20

1760円(税込)

幻冬舎

単行本

ネットで買う

書籍内容

航空機が投資の対象になる!
世界中の金融機関や個人投資家が注目する
航空機投資の魅力を徹底解説。

世界経済に大きな影響を与えた新型コロナウイルス
航空業界では何が起きたのか――
コロナ後の投資戦略として有望視される航空機投資のすべてが詰まった増補改訂版。

世界の空を行き交う航空機は交通手段としてだけでなく、
投資対象としての顔ももっています。
さまざまな国の金融機関や投資家が投資の形で航空機を所有し、
世界中のエアラインにリースを行っており、
現在運航中の航空機の約40%がリース機なのです。
この航空機と金融にまつわる分野を航空機ファイナンスと呼び、
海外では大学やビジネススクールで専門学科を設けており、関連する専門書も豊富です。
航空機が単なる移動の手段ではなく、投資対象として広く認知されており、
その可能性の大きさに注目が集まっていることの表れです。
しかしながら、こと日本においては航空機ファイナンスの情報がほとんどなく、
投資対象としての知名度も高いとはいえません。
長期にわたって安定的に収益を生み出すことのできる
航空機ファイナンスの魅力を紹介した前著から4年。
本書は世界経済を混乱させた新型コロナウイルスが航空業界に与えた影響やコロナが
航空機投資の可能性をいかに広げたのかなど、大幅に加筆修正された増補改訂版です。

目次

はじめに

1 オルタナティブ投資の新本命、
航空機投資戦略とは
1-1 オルタナティブ投資とは
1-2 ポートフォリオ戦略におけるオルタナティブ投資
1-3 「豚よりも牛」キャッシュフロー投資戦略とは
1-4 キャッシュフロー投資戦略からみたオルタナティブ投資

2 航空機投資の魅力
2-1 世界経済の成長を担う航空機
2-2 堅調に増加する航空機と脚光を浴びる航空機リース
2-3 エアラインが航空機リースを活用する7つの理由
2-4 航空機投資の魅力
2-5 アセットクラスとしての航空機の特徴①:安定した中古機価格
(1)世界経済の成長に支えられる航空機需要
(2)大手2社による寡占供給(高い参入障壁)
(3)技術的に成熟した資産
(4) 厳しい検査制度と高い整備品質
2-6 アセットクラスとしての航空機の特徴②:堅調なキャッシュフロー
(1) 航空機リース収入の特徴:長期、安定、米ドル
(2) オーナーの権利を守るリース契約
(3) 限られたプレイヤーによるプレミアム
2-7 アセットクラスとしての航空機の特徴③:投資資産としての高い適性
(1) 公共性の高いグローバル資産ならではの利点
(2) 高い流動性とそれを支える豊富な情報
(3) 世界的に整備される担保権の枠組み
(4) レバレッジを活用した投資効率
2-8 航空機投資の魅力と外部環境のまとめ

3 航空機の種類
3-1 航空機の種類
(1) ナローボディ機の特徴
(2) ワイドボディ機の特徴
(3) リージョナルジェット機の特徴
3-2 航空機の比較

4 航空機投資環境の見通し
4-1 航空旅客需要の見通し
4-2 エアラインの収益と航空旅客需要
4-3 航空機需要の見通し
(1) ナローボディ機市場の見通し
(2) ワイドボディ機市場の見通し
(3) 次世代航空機の見通し
(4) リース機需要の見通し
4-4 航空機需要の成長を支える環境変化
(1) 航空規制緩和
(2) LCCによる新たな市場開拓
(3) 航空機のモデルチェンジと買い替えサイクルの短縮化

5 航空機投資戦略入門
5-1 航空機への投資手法
(1) オペレーティングリース
(2) タックスリース(JOL/JOLCO)
(3) EETC(Enhanced Equipment Trust Certificate)
(4) 貨物コンバージョン
(5) パーツアウト
5-2 機種の選定(どの航空機に投資すべきか)
5-3 航空機投資戦略のリスクとパートナーの選び方
5-4 徹底したリスク管理体制の構築

6 航空機価値分析(バリュエーション)
6-1 航空機価値の構成要素
(1) 需給環境
(2) ライフサイクル
(3) 市場の流動性
(4) 機種(ファミリー効果)
(5) 機齢
(6) テクノロジー
(7) 燃油価格
(8) 経済サイクル
6-2 マーケットバリューとベースバリュー
6-3 フルライフとハーフライフ
6-4 航空機価値とエンジン価値

7 航空機投資の実務
7-1 投資機会の創出(オリジネーション)
7-2 投資機会の分析(デューデリジェンス)
7-3 アセットの取得(アクイジション)
7-4 アセットの管理(モニタリング)
7-5 アセットの売却(イグジット)
7-6 アセットの占有回復(レポゼッション)

8 新型コロナウイルス後の
航空業界を取り巻く環境
8-1 新型コロナウイルスが航空業界のみならず、世界経済に与えた影響
8-2 航空業界では何が起きたか
8-3 ロックダウンからの回復
8-4 コロナ経口薬の登場とコロナ後の世界
8-5 航空機リースにコロナが与えた影響
8-6 コロナ禍で影響を受けなかった、または影響を最小化した航空機投資案件

あとがき「世界の経済活動に参加する」航空機投資のロマン

著者:航空機投資研究会

■荒井 邦彦
株式会社マーキュリアインベストメント航空機投資戦略リーダー。外資系コンサルティング会社を経て、2008年あおぞら銀行に入行。同行では投資銀行部門に配属以来、航空機や船舶ファイナンスを中心とするストラクチャードファイナンス業務に従事。2016年香港子会社にてアジア太平洋地域をカバーする航空機ファイナンスチームを立ち上げ、欧米金融機関と協働し、航空機リース会社等に対して数多くの融資を実施。2019年より株式会社マーキュリアインベストメントに参画。一般社団法人航空機投資研究会代表理事。南カリフォルニア大学経営学部卒。

■野﨑 哲也
旭アビエーション株式会社代表取締役社長。伊藤忠商事に1989年に入社。宇宙航空機部を経て、航空機オペレーショングリース子会社である米国伊藤忠エアリーズにてジェネラルマネージャーに就任。2002年に三菱商事に入社し、米国での航空機リース会社立ち上げに従事。ジェネラルマネージャーとして発展を主導、2社で合計約180機の航空機のリースおよび売却の経験を持つ。2017年に旭アビエーションを設立、グローバルに航空機リースマネジメント、仲介、テクニカル/コマーシャル・コンサルティングサービスを提供している。

ネット書店

  • https://amzn.to/3f3Yc6Z

オススメ書籍

テッコツ! 知られざる鉄骨の世界

杉山忠義

凡人から抜け出し圧倒的成果を生み出す 「進撃の思考」

近藤 悦康

職場がしんどい つらい人間関係から抜け出す本

申 大樹

AI防災革命 災害列島・日本から生まれたAIベンチャーの軌跡

村上 建治郎