社長が遊べば、会社は儲かる 週6日遊んで70億円の資産を築いた経営者のストーリー

社長が遊べば、会社は儲かる 週6日遊んで70億円の資産を築いた経営者のストーリー

谷田育生[著]

2019.04.15

1650円(税込)

幻冬舎メディアコンサルティング

単行本

ネットで買う

書籍内容

仕事は週1日、しかも午前中だけ
悩める経営者たちよ
仕事より人生を楽しむ 「不真面目な社長」であれ

2017年の調査によると、日本の中小企業は国内企業382万社のうち、全体の99.7%を占めています。
その経営者であるオーナー社長は、ほとんどの人が「誠実で真面目」であると著者は語ります。
常に会社のことを考え、会社にすべてを捧げる「経営者の鏡」――
しかしそのような社長がいても、必ずしも経営がうまくいくとは限りません。

著者は社長時代、出社は週に1回だけ、趣味や付き合いに時間と経費を費やし、
年間300日遊びながらも、会社を成長させ、資産70億円を築きました。
「社長が遊ぶほど会社が儲かる」

本書ではその具体的な理由、仕組みを解説しています。
また、どのように遊ぶのか、何をすべきなのかというメソッドも公開し、
経営者を、そして人生を楽しむためのヒントをまとめた1冊となっています。

目次

第1章 社会、取引先、従業員、家族…すべてに気を払いながら仕事に励む社長業は「最悪の仕事」
第2章 社長の仕事は会社の外にあった「好きなことだけ」する方針で出社せずに業績が向上する
第3章 酒・ギャンブル・趣味に10億円…経営能力を磨くための「遊び」という投資
第4章 不動産投資、自動車リース、ガソリンスタンド経営…遊びが引き寄せた「新事業」がヒットしたった5年で資産70億円を突破
第5章 銀行融資、税務調査…ピンチを楽しみ、利益に変える遊びで身につけた「鋼の度胸」
第6章 社長が人生を謳歌するほど会社は成長する

著者:谷田育生

株式会社宝輪取締役会長。1954年、三重県生まれ。1972年、株式会社宝輪に入社。現場で5年間、ホンダ製バイクの運送業務をとりまとめ、1982年、28歳で代表取締役社長に就任。以降、運送業務でのノウハウをいかし、事業を拡大する一方、運送市場の広がりに限界を感じ、不動産投資や自動車販売リースなど幅広く事業を展開。55歳で事業承継を完了し、現場の第一線を退いた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ネット書店

  • https://amzn.to/3f3Yc6Z

オススメ書籍

コレぜ~んぶUDなんです‼

伊藤 順子

かすうどん男

畑 博貴

信念の経営

石田克史

花嫁着付け師という仕事