中小企業の人材コストは国の助成金で払いなさい

中小企業の人材コストは国の助成金で払いなさい

寺田慎也[著]

2018.05.29

800 円(税抜)

幻冬舎メディアコンサルティング

新書

ネットで買う

書籍内容

対話形式でスルスル読める!分かる!
人材の採用・育成・定着を実現する助成金活用術

少子高齢化による労働力人口の減少が多くの企業に人材不足をもたらしています。
人材不足は社員への負担の増加や技術継承の停滞などを生み、
企業力の低下につながるため、早急な対策が求められる問題です。
一方で、対策に必要な資金に悩んでいる企業も少なくありません。
そんなときに活用すべきが国の「助成金」です。
融資とは違い返済や利息がないため、一度にまとまったお金を活用することができます。
助成金については、「知っているけど、なんだか手続きが難しそう」「少しくらいのお金をもらっても……」と考えている経営者もいますが、
正しい活用法を知れば、活用しない手はない便利な制度であることが分かるはずです。
そこで本書では、税理士であり社会保険労務士であり、コンサルティングの知識も持つ著者が、
助成金を活用し人材の獲得から育成、定着を実現する方法を対話形式で指南します。
すぐに活用できるおススメの助成金から、長期的な目線で計画的に活用していく具体的な方法まで、
助成金の「賢い使い方」を分かりやすく紹介します。

目次

第1章 広がる大手企業との労働条件格差 優秀な人材確保に頭を悩ませる中小企業の経営者たち
第2章 能力開発、待遇改善、給料アップ…資金力の乏しい中小企業は「助成金」を使って人材を強化せよ
第3章 初級編 キャリアアップ、人材開発、雇用環境改善…9割の会社がもらえて人材活用に使える「助成金」
第4章 中級編 パート、シニア、女性活躍…「助成金」で多様な雇用ニーズに応え、優秀な人材を自社に呼び込む
第5章 上級編 労働環境整備、人材教育、生産性向上…人事に絡めれば、さまざまなところで「助成金」を獲得できる
第6章 「助成金」を活用して人材を育て、会社の業績を向上させろ

著者:寺田慎也

寺田税理士・社会保険労務士事務所代表。税理士・特定社会保険労務士。1976年生まれ、大阪府堺市出身。2003年、税理士登録。同年、西尾経営センター取締役に就任するとともに寺田税理士事務所を設立。2008年、社会保険労務士登録。寺田社会保険労務士事務所を設立。翌年、労働保険センターNIPRE大阪を設立、代表理事に就任。2012年には紛争解決手続代理業務を行うことができる「特定社会保険労務士」に登録。2018年、税理士と社会保険労務士のダブルライセンスを活かし多角的な経営戦略を得意とする「株式会社フォーグッドコンサルティング」を設立し、代表取締役就任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ネット書店

オススメ書籍

衰退産業でヒット商品を生み出す4つの法則

衰退産業でヒット商品を生み出す4つの法則

髙橋和江

安定収益と社会貢献を両立する 小規模保育園経営

安定収益と社会貢献を両立する 小規模保育園経営

河村憲良

社員の幸せを創る経営

社員の幸せを創る経営

神山典士

医療機器開発とベンチャーキャピタル 実践編

医療機器開発とベンチャーキャピタル 実践編

大下創/池野文昭