65歳、医師 はじめて挑む病院経営

65歳、医師 はじめて挑む病院経営

川村一彦[著]

2017.09.04

880円(税込)

幻冬舎メディアコンサルティング

新書

ネットで買う

書籍内容

医師歴40年、経営経験ゼロで突然託された病院の未来――。

「不撓不屈」の精神で病院再生を成し遂げた
“新人経営者”10年のリアルストーリー

病院経営は赤字であった。
手元の現金は少なく、しかも巨額の負債を抱えていた。
その事実を、私は理事長になって初めて知った。

病状で例えるなら重症患者である。
人の体内を血が巡るように、病院内ではお金が循環している。
そのお金が足りていない。健全に回っていない。
それがどんな結果をもたらすかは明らかだった。

迷っている暇はなかった。
病院経営に関する資料を読み込み、次々と驚愕の事実が分かったが、
いちいち驚いている時間すらなかった。
環境に追い立てられるようにして、
私はルーキー経営者としての第一歩を踏み出すことになった。

赤字を解消し、負債をなくす。
ゴールは見えているが、道のりは見えない。
暗中模索の挑戦が始まった。

(『プロローグ――65歳の新人経営者』より)

目次

プロローグ 65歳の新人経営者
第1章 病院経営の裏側―理事長になって初めて知った多額の負債
第2章 病院再建を誓いゼロからのリスタート―ドクターから経営者になるために猛勉強
第3章 人員整理にもつながった診療方針の変更…―「患者第一」の理念を浸透させて病院を大改革
第4章 病院を縛る「MS法人」との闘争―黒字化を実現した病院買い取り大作戦
第5章 大局観を持ち「不撓不屈の精神」で経営に取り組む―10年間で培った経営者としての知見を実践し続ける
エピローグ―仲間と走り続けた10年

著者:川村一彦

医療法人財団愛慈会相和病院病院長・理事長。医学博士。1942年生まれ。1968年日本医科大学卒業。1972年日本医科大学大学院修了。胸部外科講師。栃木県県南総合病院病院長等を経て、2004年1月より医療法人財団愛慈会相和病院診療部長。2007年、65歳のとき、赤字続きで巨額の負債を抱えていた同法人の理事長に就任。経営経験はゼロであったにもかかわらず、「不撓不屈」の精神で病院再生を成し遂げた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ネット書店

  • https://amzn.to/3f3Yc6Z

オススメ書籍

社会人による社会人のための資本主義とは

緋鹿莱斗

社員が自ら考え、動く 自走型組織の作り方

森田 満昭

薩摩の郷中教育に学ぶ 最強の後継者育成

塩野 時雄

かすうどん男

畑 博貴