劇症型地球温暖化の危機を資本主義改革で乗り越える

2022.03.22

990円(税込)

幻冬舎

新書

ネットで買う

書籍内容

産業革命以来、社会を支えてきた化石エネルギーが30年で使えなくなる。
この人類最大の危機を突破するには、今こそ資本主義の爆発的イノベーションが必要だ。
元通産官僚が語る、太陽光エネルギー革命への展望。

世界人口10億人だった農業社会に、化石エネルギーを利用した工業を興して250年。
第1次、第2次、第3次の産業革命を経て、今や人口は78億人に達している。
このままでは化石エネルギーの副産物――
温室効果ガスで、人類が住めない「荒れ狂う地球」にしてしまう。
これを阻止する唯一の手段は、
あと30年で化石エネルギーから太陽光・水素エネルギーへ全面転換することだ。
人類は地球上のすべての争いを凍結して、
資本主義の爆発的イノベーション力を全面展開し、この危機を突破するしかない。

目次

第一章 資本主義の誕生
第二章 産業資本主義
第三章 資本主義と共産主義
第四章 第二次世界大戦後の資本主義の行き詰まり
第五章 劇症型地球温暖化の危機と資本主義改革

ネット書店

  • https://amzn.to/3f3Yc6Z

オススメ書籍

Pure 35歳、女性税理士が産廃会社を東証一部に上場させるまで

加藤恵子

副業×定年準備×生きがいづくり 人生を変える! 50歳からのライター入門

しげぞう

同族企業の5代目社長が挑む企業風土改革

井村 優 (著), 佐藤 善信 (監修)

小さな豆屋の反逆 田舎の菓子製造業が貫いたレジリエンス経営

池田 光司