中古アパート経営で解決する 間違いだらけの相続対策

中古アパート経営で解決する 間違いだらけの相続対策

右手康登[著]

2013.12.19

740 円(税抜)

幻冬舎メディアコンサルティング

新書

ネットで買う

書籍内容

安定収入を得つつ、円満相続を実現する相続対策の新機軸

昨今は、相続対策で賃貸物件を建てるなど、土地の有効活用が注目を集めています。
しかし、相続対策のために賃貸物件を建てたがために不良資産化するなど、
そこには節税の視点はあっても、投資的な視点が欠けていることが多い状況です。
相続の目的は「より良い資産を次世代に渡す」ことにあります。
そのために有効な手段が中古アパート投資なのです。
田舎の広大な土地を立地のよい中古アパートに替え、安定収益を得つつ、円満相続を実現する。
そんなおいしい話が本書には詰まっています。

目次

第1章 実は間違いだらけ 相続対策としての不動産活用
第2章 中古アパートが相続対策に向いている理由
第3章 相続対策で不動産を中古アパートに組み替える方法
第4章 中古アパート経営は円滑な遺産分割と老後の生活安定を考え行う

著者:右手康登

大手住宅メーカーに15年勤務し、2002年4月より新都市総合管理株式会社代表取締役に就任。自身の保有資格であるCPM(米国公認不動産経営管理士)とCCIM(米国公認不動産投資顧問)の知識を駆使し、「問題解決型不動産コンサルティング」をテーマに相続・不動産の相談業務を積極的に行う。また、「適格な不動産経営」が相続対策の分割・納税・節税に続く、第4の対策であると考え、より力強い資産づくりを推進し、将来の相続に備える提案もしている。NPO法人IREM JAPAN理事兼東京支部長および、CCIM JAPANの理事でもある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ネット書店

  • https://amzn.to/3f3Yc6Z

オススメ書籍

自己資金100万円台ではじめる不動産投資 なぜトランクルーム投資が注目されているのか?

自己資金100万円台ではじめる不動産投資 なぜトランクルーム投資が注目されているのか?

浦川浩貴

増補改訂版 空室率40%時代を生き抜く! 「利益最大化」を実現するアパート経営の方程式

増補改訂版 空室率40%時代を生き抜く! 「利益最大化」を実現するアパート経営の方程式

大谷義武/太田大作

あなたはなぜ年収1000万円以上なのに資産が増えないのか

あなたはなぜ年収1000万円以上なのに資産が増えないのか

菅谷太一

知らないあなたは将来損をする! 研修医のための金融リテラシー講座

知らないあなたは将来損をする! 研修医のための金融リテラシー講座

大山一也