小説家の経営術

小説家の経営術

西川三郎[著]

2009.07.01

814円(税込)

幻冬舎メディアコンサルティング

新書

ネットで買う

書籍内容

先行きが見えない時代、経営者に必要な「小説家的想像力」とは何か。社員や顧客を幸せにし、永続的に発展し続ける経営に必要な5つの視点「テーマ」「独自性」「起承転結」「想像力」「人材育成」を、著者の実体験に基づく方法論で解説。一見相反する「ビジネス」と「小説」の共通点から見えてくる“人と企業”のストーリーの本質に迫る。

目次

第1章 経営にも必要な「小説家の視点」(ビジネスにおけるストーリーとは;企業が目指すべきエンディング ほか)
第2章 ストーリーのない経営に未来はない(定量評価が重視されすぎる企業;経済はすべて情感で動く ほか)
第3章 挫折を通じて小説から学んだビジネスの基本(「to be」を教えてくれた小説;ビジネスもまた不条理のなかにある ほか)
第4章 ストーリー経営実践編(ストーリーの初期設定「テーマ」;オリジナリティをつくる「独自性」 ほか)
第5章 これから十年先のストーリーを描く(派遣会社は悪か;「生涯一エンジニア」という生き方 ほか)

著者:西川三郎

経営者。小説家。1948年、愛媛県生まれ。慶應義塾大学法学部卒業後、大手生命保険会社入社、1991年、マルチメディア情報通信関連の中堅エンジニアリング会社入社。取締役企画室長、代表取締役専務を経て、1999年12月、技術系派遣会社のジャパニアス株式会社を創業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ネット書店

  • https://amzn.to/3f3Yc6Z

オススメ書籍

伝統を疑え 葬儀業界イノベーション

川野晃裕

同族企業の5代目社長が挑む企業風土改革

井村 優 (著), 佐藤 善信 (監修)

AI防災革命 災害列島・日本から生まれたAIベンチャーの軌跡

村上 建治郎

元メガバンク支店長だから知っている銀行融資の引き出し方

川居 宗則