発作ゼロ・再発ゼロをめざす 「心房細動」治療

発作ゼロ・再発ゼロをめざす 「心房細動」治療

桑原大志[著]

2016.08.25

880円(税込)

幻冬舎メディアコンサルティング

新書

ネットで買う

書籍内容

「発作の恐怖」と決別して「再発リスク」を徹底排除
専門医が解説する心房細動治療

人間の生命維持に欠かせない臓器、心臓。
脈拍の乱れが生じる病気は不整脈として知られているが、不整脈にもさまざまな種類がある。
不整脈の大部分を占めるのが「心房細動」という病。
心房細動は、40~60歳から発症リスクが高まり、国内の推定患者数は実に170万人にのぼる。
主な治療法は、経過観察、薬物治療、電気ショックで、
いずれも対症療法に過ぎず、いつ起きるともわからない発作におびえながら生活しなければならない。

そうした中、現在、唯一の根本治療となっているのがカテーテルアブレーションといわれる治療法だ。
カテーテルアブレーションの実績数、世界トップクラスの医師が、
患者とその家族に向けて心房細動の基礎知識、治療法選び、術後の過ごし方までをわかりやすく解説する。

目次

第1章 脳梗塞、認知症、心不全…。「心房細動」が重病の引き金になる
第2章 心房細動の薬物療法は症状の緩和と脳梗塞の予防が目的。一生継続しなければならない
第3章 発作の恐怖と決別する。完治をめざす「カテーテルアブレーション」とは
第4章 再発リスクを徹底排除。術後の生活改善で発作ゼロの毎日を手に入れる

著者:桑原大志

医学博士。1984年愛媛大学医学部入学。1991年愛媛大学医学部第2内科入局、1992年愛媛県立中央病院勤務、愛媛大学医学部附属病院、愛媛県立新居浜病院、国立循環器病研究センター研修、2004年横須賀共済病院循環器センター勤務。不整脈治療を専門とし、カテーテルアブレーション治療では、世界トップクラスの実績を持つ。2016年7月末現在の治療実績は3000件以上。2016年9月東京ハートリズムクリニック開設、院長就任予定(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ネット書店

  • https://amzn.to/3f3Yc6Z

オススメ書籍

子どもから大人まで 誰もがわかる大病の回避術

山本 雅一

死肪肝

川本 徹

一生動けるカラダをつくる! 40歳から始めるノグチ式筋活

野口 眞利

新型コロナ発症した人 しなかった人

栢 孝文