驚くほど業績が上がる適材適所マネジメント

驚くほど業績が上がる適材適所マネジメント

柴田肇[著]

2016.01.30

880円(税込)

幻冬舎メディアコンサルティング

新書

ネットで買う

書籍内容

社員の適性を把握し、適所に配置すれば、放っといても業績はみるみる上がる。
現状の社員の適性を診断し、時間をかけずに組織を効率よく動かすための組織編成と
適性にあわせた指導法を伝授する。

会社の業績を上げ成長させていきたい。
経営者ならだれもが考えることでしょう。
そんな経営者の気持ちとは裏腹に、社員はなかなか思い通りに動いてはくれません。
本書では社員の適性を把握し、適所に配置することで時間をかけ ずに組織を効率よく動かすためのノウハウを紹介します。
具体的には経営者が「動かしやすい」組織とは何か。
そして、その組織編制を行うための現状の組織診断法、
社員一人一人のタイプ診断とタイプ別の組織内の役割設定まで説明していきます。

目次

第1章 言うことを聞かない、反発する、すぐ辞める―職場不適応社員に悩む経営者
第2章 職場不適応社員が生まれる原因は人材配置のミスマッチ
第3章 社員の「個性」を3つに分けることが「適材適所マネジメント」の第一歩
第4章 3つの「個性」に適した人材配置で伸びる組織を編成する
第5章 異なる「個性」の育成で自発的に結果を出す企業風土を築く

著者:柴田肇

1962年、愛知県生まれ。会計事務所勤務を経て、経営コンサルタント会社の立ち上げを経験したのち、ノウハウを生かして2001年にシバタ経営を設立、2007年に名古屋市中区に移転した。近年では「事業・組織継承」をテーマに、創業経営者と後継経営者の経営スタイルの違いから組織継承の方向性を引き出す戦略立案・組織編成・組織運営に重点的に取り組んでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ネット書店

  • https://amzn.to/3f3Yc6Z

オススメ書籍

コレぜ~んぶUDなんです‼

伊藤 順子

社会人による社会人のための資本主義とは

緋鹿莱斗

小さな豆屋の反逆 田舎の菓子製造業が貫いたレジリエンス経営

池田 光司

かすうどん男

畑 博貴