相続税から土地を守る生前対策

相続税から土地を守る生前対策

下坂泰弘[著]

2015.06.26

880円(税込)

幻冬舎メディアコンサルティング

新書

ネットで買う

書籍内容

相続時に土地を失う地主が急増中!
有利な評価&活用で
代々の財産を守る方法を徹底解説

——————————–
税制改正後、地主が相続時に土地を失ってしまうリスクは飛躍的に増大した。
そして、土地を守るための生前対策として最も重要なのが、「適正な土地評価」である。
本書では、不動産に詳しい税理士ならではの土地評価のノウハウを徹底解説する。
相続税額を激減させ、大切な先祖代々の土地を守り受け継ぐのに欠かせない一書。

 “地主にとって、土地にかかる相続税は深刻な問題です。2015年1月の税制改正で、相続税が大幅に増税されました。以降、先祖代々の土地を守り、子孫に継ぐのはますます困難になっています。
 しかし、ハウスメーカーで営業を経験した税理士である私が断言できるのは、土地の評価と活用の知識さえ持っていれば、確実に相続税から土地を守ることが可能になるということです。
 本書では、土地の評価でよくある間違いや、正しい土地評価を踏まえた土地活用で相続税を激減させるテクニックについて解説します。(はじめにより抜粋)”

目次

第1章 税制改正後、相続時に土地を失う人がさらに増える
第2章 土地を多く失う原因は土地活用の失敗と税理士の評価ミス
第3章 土地評価の適正化で、相続時の高額課税を回避する
第4章 土地評価のやり直しで、相続税の環付を受けた事例
第5章 今ある土地を活用して大幅に節税する
第6章 相続税対策により、失う土地を少なく済ませた事例
第7章 節税&円満相続の実現には、生前対策への早期着手が必須

著者:下坂泰弘

税理士、一級建築士、宅地建物取引主任者。ハウスメーカーで約20年間営業職に従事し、地主向けの土地活用ノウハウを積み上げる。業務の中で、相続税申告の際に税理士が適正な土地評価を行えず、不当に相続税が高くなってしまうという事実を知り、自らの力で地主を救うべく税理士資格を取得し独立。以来、首都圏を中心に数多くの地主の土地相続をコンサルティングしてきた。不動産の専門知識に基づいた土地評価に強みを持ち、他の税理士からの依頼も含め約2000カ所の評価を経験(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ネット書店

  • https://amzn.to/3f3Yc6Z

オススメ書籍

突然の争族を防ぐ! 子が知っておくべき相続対策

竹内 恵子

オーナー社長の悩みを解決! 事業承継成功の秘訣52

税理士法人チェスター

エンジョイ! 終活

菊田 あや子

銀行主導にさせない事業承継のススメ

銀行主導にさせない事業承継のススメ

谷敦/谷忠宗(監修)