情熱経営

情熱経営

相川佳之[著]

2014.12.20

1540円(税込)

幻冬舎メディアコンサルティング

単行本

ネットで買う

書籍内容

わずか14年で全国に42拠点
年間患者数59万人・治療実績73万件を誇る
美容外科クリニック院長が明かす情熱の経営とは

これまでの美容医療は自由診療であることを理由に、
法外な金額を請求されることも決して珍しいことではなかった。
さまざまな美容医療業界でまかり通っている〝業界の常識″に問題意識を持ち、
独自に解決したことで顧客から絶大な支持を受け、異例の急成長を遂げた医師がいる。
それが、湘南美容外科クリニック総括院長相川佳之氏だ。
相川氏は、ビジネスのあらゆる部分で顧客視点を貫く経営を行ってきた。
その結果、開院からわずか14年で42の分院を構え、
海外にも分院を構えるほどの一大グループを築き上げた。その勢いはとどまることを知らない。
業界のタブーに挑み続け、異例の成長をなしえた医師が考える情熱の経営とは何か――。
若き病院経営者の成功の秘訣が、今明かされる。

目次

第1章 経営者のコンプレックスが会社を急成長させる 〝弱み”を〝強み”に変えていく「情熱」を持つ
第2章 感謝の声より不満の声を重視すれば事業は拡大する 顧客の不満と不安の徹底排除で生まれる「ビジネスモデル」
第3章 経営者の成長が、そのまま社会の業績として表れる 顧客とスタッフに支持される「リーダーシップ」の鍛え方
第4章 経営者の情熱は、理念化すると正確に伝わる 社員の仕事、組織、顧客への愛情を育てるのは「クレド」
第5章 高い数値目標より、魅力と現実味のある目標を立てる 社員全員が目標達成に貪欲になる「社員教育」
第6章 社員の士気を高めることを最優先にした組織をつくる ゼロから自力でつくろうろすると必ず失敗する「組織・制度づくり」
第7章 高い志と圧倒的情熱を持った経営者が顧客とスタッフに支持される 自分の成長だけでなく業界の繁栄を常に意識した経営を貫く

著者:相川佳之

美容外科医、事業家。SBCメディカルグループ総括院長。1970年神奈川県にて、薬局チェーンを営む両親の元に生まれる。当初家業を継ぐべく薬剤師を目指していたが、大学入試2週間前に医学部に志望変更、日本大学医学部に入学。卒業後は、がん研有明病院麻酔科、都内大手美容外科に勤務。2000年に独立し神奈川県藤沢市に湘南美容クリニックを開院。

ネット書店

  • https://amzn.to/3f3Yc6Z

オススメ書籍

Pマーク・ISMSを取ろうと思ったら読む本

仲手川 啓

社員が自ら考え、動く 自走型組織の作り方

森田 満昭

驚くほど業績が上がる 中小企業のための「コンサルティング」活用術

山中 一浩

AI防災革命 災害列島・日本から生まれたAIベンチャーの軌跡

村上 建治郎