社会人育成そもそも論

社会人育成そもそも論

土田毅[著]

2016.05.12

880円(税込)

幻冬舎メディアコンサルティング

新書

ネットで買う

書籍内容

「思考」「学び」「対話」「支援」
育成にまつわる4つのテーマでアタマを刺激する“考える本”

社会人の育成。
企業などでは当たり前に言われることだが、ふと立ち止まって考えてみると、なんだか疑問が浮かんできたりしないだろうか?
考えられる社会人ってなんだろう。社会人にとって学びとはどういうものだろう。それを支援する役割とは、どういうことだろう。
キャリア25年の研修講師の問いかけから、読者それぞれの“そもそも”が見えてくる。

目次

第1章 「思考すること」を考える
第2章 「学び」とは何かを考える
第3章 「対話」の意義を考える
第4章 「支援」の本質を考える
巻末付録 中小企業における「若手社員育成」の仕組み(パーソナル・トレーニングを活用した新人育成の紹介)

著者:土田毅

株式会社コーリング代表取締役社長。1991年株式会社リクルートにて講師をスタートし、2001年株式会社コーリングを創業。官公庁、金融業、不動産業、自動車メーカー、自動車部品メーカー、広告業など幅広い業界で、階層別研修(管理職、中堅、新人など)やコミュニケーション・スキル向上訓練を手掛け、近年はパーソナル・トレーニングに注力している。Lee J.Richimond博士(米国カウンセリング学会(ACA)元会長、ロヨラ大学教授)や大谷彰博士(サイコロジスト、教育学)など多数の教授から指導・トレーニングを受け日本においての育成支援の実践に臨んでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ネット書店

  • https://amzn.to/3f3Yc6Z

オススメ書籍

薩摩の郷中教育に学ぶ 最強の後継者育成

塩野 時雄

地域循環型経営

島原 俊英

初心者でもわかる 会社員が効率的にお金を貯める方法

松本勇気

営業道 人間力を磨き、自らの市場価値を高める極意

中村 建治