業績「倍々ゲーム」の会社をつくる 算数とハートの経営

業績「倍々ゲーム」の会社をつくる 算数とハートの経営

小沼光雄[著]

2014.10.31

1540円(税込)

幻冬舎メディアコンサルティング

単行本

ネットで買う

書籍内容

▽▲常識破りの業績倍増を成し遂げた、出色の経営哲学▲▽

たった一代で世界トップクラスの企業に
カリスマ創業者の経営哲学とは――

業績をみるみる上げる〝算数”と
顧客の不便を満足に変える〝ハート”の
経営を貫けば、企業は必ず繁栄する。
創業以来、倍々ゲームで業績を伸ばし続け、
世界トップクラスの建機レンタル会社を
一代で築き上げた経営者が語る
「経営の本質」とは――。

今から50年前、たった3名の社員から起業したアクティオ。
あるとき、顧客に貸し出した1台の水中ポンプがきっかけとなり、同社の運命は大きく動き出す――。
創業者の小沼光雄氏は、「レンタル」という発想すらなかった時代から、その合理性、利益性に気づき、建機レンタル業を他社に先駆けて本格的に開始。
リーディングカンパニーとして、文字通り建機レンタル業界を牽引してきた。
3度の大きな経営危機に見舞われながらも、
そのたびに「危機」を「好機」に変えて大躍進することができたのは、〝経営の本質″を貫いてきたからだと小沼氏は振り返る。
50年間もの長きにわたり、右肩上がりで業績を倍増させてきた企業を支える「算数とハートの経営」とはいかなるものなのか――。
建機レンタル業界のカリスマ創業者が、経営哲学を初めて明かした待望の一冊。

目次

第1章 会社のトップが追求すべき経営の本質とは?
    ――創業以来、50年間右肩上がりを続ける経営手法
第2章 不景気にも「倍々ゲーム」で会社を成長させる「算数」の経営
    ――目標達成のためにやるべきことをシンプルな「計算式」で示す
第3章 需要を掘り起こす、顧客の満足度を高める「ハート」の経営
    ――誠意をもって顧客の不便を引き出し、情熱をもって提案する
第4章 ピンチをチャンスに変える「算数とハート」の両論作戦
    ――「計算」と「情熱」の方程式を持つ経営者は不況に強い
第5章 「算数とハートの経営」を貫けば、結果は後からついてくる
    ――変化の激しい時代だからこそ求められる、本質からブレない経営

著者:小沼光雄

株式会社アクティオ取締役社長。大学卒業後、大手建設会社に入社。技術者として活躍したのち、独立。一台の水中ポンプを顧客に貸出したことがきっかけとなり、レンタルが秘めるビジネスの可能性に気づき、建設機械レンタルを開始。1967年にアクティオの前身、新電気株式会社を設立。建設機械レンタル業界の先駆的存在として、トップを走り続ける。建設機械レンタル国内シェア第1位、世界トップクラスの規模を誇る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ネット書店

  • https://amzn.to/3f3Yc6Z

オススメ書籍

社長のためのお金のトリセツ~資金繰り、融資、契約、決済、支払い、交渉、節税~ 

大林誠一

劇症型地球温暖化の危機を資本主義改革で乗り越える

AI防災革命 災害列島・日本から生まれたAIベンチャーの軌跡

村上 建治郎

営業道 人間力を磨き、自らの市場価値を高める極意

中村 建治