企業のファンを生み出すブランディングムービー 

鶴目和孝[著]

2023.06.30

1760円(税込)

幻冬舎

単行本

ネットで買う

書籍内容

「かっこいいムービー=効果が出るムービー」とは限らない
企業の想いや強みを最大限に引き出すブランディングムービーとは

JICA、コメダ珈琲、コニカミノルタ、集英社、USEN、明治安田生命など、
数多くのブランディング映像制作に携わってきた著者が語る、
映像時代の理想のブランディング法とは――

ブランディングは、企業が自社商品やサービス、企業そのものの価値やイメージを
高めるために行うもので、他社との差別化を図るためにも不可欠なものといえます。
しかし、ブランディングにはさまざまな方法があり、自社にとって最適な方法を
見極めるのは容易ではありません。

そこで著者が提案するのがブランディングムービー、つまり映像による
ブランディングです。映像が人の心に直接訴えかける力は強く、目と耳を通じて
魅力をありのままに伝えられること、ブランドイメージを直感的に印象付けることが
できることなど、ブランディングムービーには多くのメリットがあります。

映像制作会社を経営する著者は、他社と差別化しファンを生み出すブランディング
ムービーを制作するには、企業の想いや強みを最大限に引き出す企画づくりが
重要だといいます。単に企業や商品、サービスを紹介するのではなく、企業が伝えたい
理念や想いをストーリー化して、狙ったターゲットに向けて制作・公開するという手法で、
これまでに数々の有名企業のブランディングムービーを手掛けてきました。

本書では、ブランディングムービーの効果や制作プロセスについて解説します。
自社や自社製品・サービスの魅力をなかなか世の中に伝えられず、
ブランディングに悩んでいる企業経営者や広報担当者、マーケティング担当者
にとってヒントとなる一冊です。

著者:鶴目和孝

株式会社エレファントストーン 代表取締役CEO
1979 年 3 月 22 日生まれ
父親の仕事の都合で少年期をタイのバンコクで過ごす。
当時、ネット環境が整っておらず日本の情報源が限られているなか、音楽専門チャンネル「MTV」で洋楽のミュージックビデオを貪るように観る日々を送り、映像がもつ魅力の虜になる。
西大和学園高等学校、甲南大学を卒業。
広告代理店に入社し、主にセールスプロモーション領域のディレクションを行う。
次第に以前より好きだった映像を軸とした事業をしたいという想いが高まり2011 年 4 月株式会社エレファントストーンを創業。
川崎フロンターレサポーター。アナログレコード収集家。二児の父。

ネット書店

  • https://amzn.to/3f3Yc6Z

オススメ書籍

光のアートで地方創生 地域を活性化させるプロジェクションマッピング

東山 武明

ビジネス教養としての半導体 

高乗 正行

日本の技術力をもつ半導体メーカーに外資系スピード感を取り入れたら働きがいのある会社に生まれ変わった 

石合信正

タピオカ屋はどこへいったのか? 商売の始め方と儲け方がわかるビジネスのカラクリ

菅原 由一