日本の開発力を甦らせる知財DX

IT

古川智昭[著]

2023.04.28

1760円(税込)

幻冬舎

単行本

ネットで買う

書籍内容


低迷する研究開発を救え──。


知財システム開発者が説く
知財DXの目的

いま、日本の開発力は衰退の一途を辿っています。「失われた30年」「空白の30年」
といわれるように、イノベーションが進まず低迷が続く日本に、もはやかつての
技術大国の面影はなくなってしまいました。

 本書の著者は国内大手電機メーカーで30年にわたり、研究・開発の現場と
知的財産管理の実務に携わってきた経験をもちます。そんな著者曰く、沈みゆく
日本の開発力をよみがえらせるためには、革新的な発明を生み出す研究開発の環境を
整備しなければなりません。
現在、現場の第一線を走り続ける研究者・技術者は無駄だらけの膨大な量の特許調査に
忙殺されており、AIやシステムの活用などでDXを推進して特許調査を効率化しなければ
ならないと考えているのです。

本書は知財DXの目的や重要性を提言したうえで、著者が独自に開発した特許調査を
大幅に効率化させるシステムについて解説していきます。
経営および研究・開発、知的財産管理に携わる人によっては日々の業務フローを見直す
きっかけとなるものであり、最終的には、低迷する日本の発明・開発力を甦らせるための
道標となる一冊です。

目次

はじめに

第1章 なぜ、日本の開発力は低下したのか……
過去の資産活用に偏向した知財経営の実態
停滞する日本のビジネス環境と空白の30年
短期的な成果を求められる経営層
伸び悩む日本の開発投資
得意な技術改良で行き詰まる日本
失われたイノベーションの影響は10年後に
世界の先端分野に投資できない日本
コア技術なくしてM&Aは成り立たない
スタートアップに寄せられる過大な期待と現実

第2章 質を追求した“つもり”の誤った知財戦略がもたらす
知的財産部門のコストセンター化
特許出願数が低下し続ける日本
グローバル化へ向かう知財業務
かつて特許出願増加の要因となった「陣地取り」の特許活動
日本企業の意識を変えた米国のプロパテント政策
知財成長期の高度化と出願の精緻化
日本の知財力を低下させた思惑外れの戦略
知財マネジメント重視が招く発明奨励マネジメントの停滞
質を追求したつもりの特許戦略がもたらしたもの
伸びる中国の特許出願数

第3章 旧態依然の知財業務がもたらす研究開発へのしわ寄せ
ムダだらけの特許調査に追われる技術者たち
研究者・技術者を疲弊させる特許調査業務
ノイズだらけの特許調査がモチベーションを落とす
勤務時間が語学学習の時間と化す外国特許調査
調査結果のエクセル管理が無駄を生む
特許調査に予算を割きたくない企業
複数の検索データベース使用がエクセル利用を生む
これまでの慣習を変えたくない研究者・技術者たち
特許調査業務の効率化に限界があるベンダー
自社特許の状況も確認できない研究者・技術者の環境
日常の作業に忙殺される知的財産部門

評価が難しい知財業務とノウハウのタコツボ化
DXどころか「デジタライゼーション」すら達成できない現場

第4章 DXでリアルタイムの情報活用を実現する
革新的発明を生む開発現場の知財プラットフォームとは
段階的にDXを実現するために
最新のテクノロジーといかに付き合うか
必要なのは高度なAIではなく業務を補助する「機能」
情報を多媒体で管理することをやめる
検索データベースごとの業務はやめる
ノイズ特許に時間を掛けない
特許評価管理業務は知財グループウェアで一元的に行う
世界中の特許を日本語で調査できるようにする
特許評価を見える化する
特許業務の進捗状況を見える化する
多種多様な特許情報の収集・整理を自動化して手作業を極力なくす
他社動向・開発技術動向をリアルタイムで見える化する
特許マップはリアルタイム化する
自社特許の情報を知財グループウェアで活用する
過去データも徐々に格納していく
タイトル管理機能の活用で社内特許調査を見える化する
メニューに拘束されない自由でユニバーサルな仕様が不可欠
システムの導入は企業風土の転換と同義
忘れてはならない業務効率化の目的

第5章 理想は事業部や研究所単位で進めるDX
企業別・知財DXへの壁と挑戦
どの企業でも苦戦する新システムの導入
事例1 目指したのは知的財産部門での業務効率化
導入のきっかけは一研究者の疑問
スモールスタートで始めざるを得ない企業規模
得られた効果の実感と見えてきた課題
全体導入に向けた検討と挫折
研究・開発部門での導入とワークフローの修正
本格導入とその後のフォローアップ
事例2 研究・開発動向の把握が知財グループウェア導入の出発点
特許調査の状況が把握できていない知的財産部門
研究・開発部門が抱える多事業化への悩み
知的財産部門の状況把握に効果を上げたシステム導入
立ちはだかる部門拡大への壁
効率化継続を後押ししたのはリモートワークの普及
事例3 海外特許文献の和文データを自動取得し、ノイズを分離できる機能が導入の決め手に
知的財産部門からも問題視されていた海外特許の調査
協力を名乗り出た研究・開発部門による精度の確認
本格導入の決定と機能活用への課題
事例4 機能を絞った導入により短期間で成果を獲得
少人数の知的財産部門における限界状態を変えるためのシステム導入
順調に見えたシステム利用浸透の壁
推進者不在のなかで現状維持を守る技術者
事例5 5年、10年先を見据えて知財グループウェアの利用を進める
課題として抱えてきた特許調査結果の管理
研究・開発部門と知的財産部門の業務は効率化できるか
稟議の障害となった企業規模とその対処
本格導入までの長い道のり
本格導入と地道な普及活動
苦労の末にたどり着いた成果と今後
システムの導入は「人」を変える

おわりに

著者:古川智昭

1952年、福岡県北九州市生まれ。八幡工業高等学校卒業後、松下電器産業株式会社(現・パナソニック株式会社)入社。同社の住宅設備機器研究所等を経て、1990年住設知的財産権センター企画室長、知的財産権センター 戦略企画・IT チームリーダー。2003年に同社を早期退職し、アイ・ピー・ファイン株式会社設立、代表取締役就任。同社の主力製品として知的財産関連業務に特化した業務効率化システム「R&D知財グループウェア“THE調査力AI”」がある。前職時代の企画・ライセンス・知財システム等全般のマルチな経験を活かし、企業の知財DXに取り組む。

ネット書店

  • https://amzn.to/3f3Yc6Z

オススメ書籍

Web担当者のための 3ステップWebマーケティング

小松 雅直/

地方で稼ぐ! ITエンジニアのすすめ

村岡 佑紀

企業に変革をもたらす DX成功への最強プロセス

小国幸司

今さら聞けない DX用語まるわかり辞典デラックス

ウイングアーク1s t 株式会社「データのじかん」編集部 (編集), トツカケイスケ (イラスト)