介護福祉系人気YouTuberが教える!人材獲得・離職率ゼロを叶える #発信力経営

髙橋将弘[著]

2023.03.22

990円(税込)

幻冬舎

新書

ネットで買う

書籍内容

発信力を高めれば
人が集まり、人が辞めない施設に生まれ変わる

介護福祉系YouTuberとしても活躍する介護施設経営者が
勝ち組施設の経営ノウハウを徹底解説

介護福祉業界では長年、採用難と高い離職率が問題となっています。
求人広告を出しても人が集まらない、せっかく育てた職員が辞めていくなど、
人材不足に悩む介護施設は少なくありません。公共財団法人介護労働安定センターの
「令和元年度『介護労働実態調査』」によると、約6割半の介護事業所が
慢性的に職員の不足を感じており、そのうち9割が「採用が困難である」と答えています。
しかしながらこれらの統計データはあくまでも全国平均です。
当然、施設によって状況は異なり、人材が離れて倒産してしまう施設もあれば、
人材が集まる勝ち組施設もあります。介護福祉業界では二極化が進んでいるため、
生き残るためにはなんとしてでも勝ち組施設にならなくてはいけません。
著者は現在、住宅型有料老人ホームとデイサービスセンターを運営する
会社の社長を務める傍ら、介護福祉系YouTuberとして活躍しています。
人が集まり、人が辞めない施設をつくるためには他の施設と同じことをしていては
いけない、勝ち組施設になるためには社長や施設がどのような思いで事業に
取り組んでいるかを発信する力が必要だと著者は主張します。
そのための一つの手段がYouTubeです。動画のターゲットを明確化し、
ケアを行う際の心構えや介護施設ならではの施設マネジメント方法を
週2回のペースで発信したことにより、以前と比べて10倍以上の応募が集まったと
いいます。
また、YouTubeを見て入職してくれた社員には著者がどういった思いで
仕事を行っているかや、事業所の理念が最初から伝わっているため、
職員の定着率も向上しこの1年は離職者ゼロが続いているのです。
本書では安定した採用を実現し、離職率ゼロを達成する「発信」に着目した
勝ち組施設の経営ノウハウを解説します。
介護事業経営者や施設長の方々にとって、経営のヒントとなる一冊です。

目次

はじめに

第1章 深刻化する人材難、他業種と比べて高い離職率……
施設の倒産が相次ぐ介護福祉業界
過去最多の介護事業者の倒産
介護業界に起こった変化
介護現場の人材不足
全産業平均より高い離職率
「人材赤字」が倒産へ直結
年々事業を拡大している施設との二極化が進む

第2章 3Kだから集まらない、すぐ辞めるは間違い!
介護施設が人手不足に陥る原因は「発信力不足」
なぜ人材不足に陥ってしまうのか
3Kといわれる介護福祉業界
介護は「ありがとう」と言われる仕事
外部から来たからこそ気づけた採用の間口の狭さ
離職理由の1位は「人間関係に問題」
「べき論」の押しつけは人間関係に亀裂を生む
実際の職場のミスマッチも離職理由の一つ
発信力不足が招いた人材不足

第3章 外部に向けた発信で認知度を高める!
施設ブランディングが人材確保の要
勝ち組はノウハウを明かさない
ノウハウを伝えて介護福祉業界を元気にしたい
介護福祉士が YouTube に進出した理由
YouTube の学校に通う
収益化への道のり
YouTube がもたらす採用の効果
YouTube を通じて人脈を広げる
YouTube 発信の基本
YouTubeで発信する利点と注意点
施設ブランディングが人材確保の要
収入面も施設ブランディングに重要
施設ブランディングだけでなく個人ブランディングも重要視する
本当に必要な人材を見極める
採用時にミスマッチを排除する
求人を丸投げすると失敗する
マーケティングを学ぶ
YouTube では見た目も大切
業界ブランディングで業界外の人材にアプローチ
ホームヘルパーもブランディング次第
国も介護の魅力発信に力を入れている
日本介護福祉魅力研究協会の立ち上げ

第4章 内部に向けた発信で組織のパフォーマンス向上を促す!
施設マネジメントの強化で離職率は劇的に改善する
内部に向けた発信とは
個人ブランディングでロールモデルを示す
キャリアアップをモチベーションに
トップダウンとボトムアップはどちらが良いか
介護施設でのマネジメント
ナンバー2の育成が重要
人間関係はケアの質とリンクする
上司と部下の板挟みを解決するために
介護保険制度を理解させて、不要な不満をなくす
デキる介護リーダーの共通点とは
理念と現実のギャップを考えるワークシートで人材育成
「優しい人」が多い介護福祉業界
人材育成の重要性
データを読み解く力とは
シェア会の実施
当たり前のことを教えることこそ必要
稼ぐことは悪くない
施設の看板を背負う職員
理念はどうやって浸透させるのがよいか
良好な人間関係を築く7原則

第5章 発信力が向上すれば職員定着率が上がる!
人が辞めない介護施設が超高齢社会を支える
発信力向上ですべてがうまく回る
外部にも目を向けよう
介護福祉事業にもICT(情報通信技術)化が必要
デジタル化が進まないのは、生産性の向上を追い求めていないから
介護福祉業界全体が発信力を高める必要がある

おわりに

著者:髙橋将弘

株式会社晃希代表取締役社長。元 公益社団法人 日本介護福祉士会 代議員。一般社団法人 群馬県介護福祉士会 相談役。一般社団法人 日本認知症ケア学会 代議員。NPO法人 群馬県認知症ケア専門士会 会長。一般社団法人 日本介護福祉魅力研究協会 理事長。群馬パース大学福祉専門学校 非常勤講師。群馬県認知症施策推進会議 委員。群馬県高齢介護施策推進協議会 委員。前橋市介護認定審査会 委員。 群馬県利根郡みなかみ町出身。2005年23歳のときに介護福祉の現場に無資格・未経験で飛び込み、「ありがとう」と喜んでもらえることに働きがいを感じる。介護福祉を生涯の仕事にしようと決意し、国家資格である介護福祉士を取得。2017年、前橋市に株式会社晃希を設立し、2018年より有料老人ホームとデイサービスセンターの2施設を運営している。現在は介護福祉系YouTuberとしても活躍中。

ネット書店

  • https://amzn.to/3f3Yc6Z

オススメ書籍

世界的な脊椎外科医が教える やってはいけない「脊柱管狭窄症」の治し方

世界的な脊椎外科医が教える やってはいけない「脊柱管狭窄症」の治し方

白石建

心不全の再発を防ぐ 心臓リハビリテーション 

中村治夫

子どもから大人まで 誰もがわかる大病の回避術

山本 雅一

足専門医が解説!本当は怖い足のむくみ

吉田 尚平