多すぎる!国産アプリのバグ退治

2022.12.16

1430円(税込)

幻冬舎

単行本

ネットで買う

書籍内容

開発力≠チェック力

開発担当者のバグ確認漏れはよく聞く問題だ。
そのバグをリリース後に発見しても修正してくれないことも少なくない。
そういった事態を防ぐために第三者テストサービスが存在している。
その実態をソフトウェア開発企業経営者が徹底解説。
確認者を別に設けることで迅速かつ確実にバグを発見し、
バグの悩みからいち早く脱却したい企業必読の書。

目次

プロローグ 「消えないバグの恐怖」
第1章 「バグを消す仕事」
第2章 「世の中に潜むバグ」
第3章 「ソフト開発は苦悩の連続」
第4章 「バグを減らす方法」
第5章 「ビジネスとしてのバグチェック」
第6章 「日本のアプリにバグが多い理由」

ネット書店

オススメ書籍

二度づけはあきまへん 新世界だるまが歩んだ90年

上山 勝也 /桜井 ひろし

企業のファンを生み出すブランディングムービー 

鶴目和孝

1冊目に読みたい DXの教科書 (なるほど図解)

荒瀬光宏

Pure 35歳、女性税理士が産廃会社を東証一部に上場させるまで

加藤恵子