倭の原像 上 -東北アジアの航海交易勢力として交易による技術文明と統治体制の形成

平井 進[著]

2022.02.18

1650円(税込)

幻冬舎

単行本

ネットで買う

書籍内容

もし、そこが日本列島ではなかったとしたら――。

天の香具山から海原を望み、淡海(近江)の沖で鯨を獲る……
『万葉集』には大海の情景を詠んだ謎の歌が存在する。
かつて「倭」は大陸にあったのか?
史書、和歌、神話の中に断片的に残る痕跡をもとに、
古代の地理世界と王権をめぐる大胆仮説を検証する!

目次

第一章 『日本書紀』の構造
第二章 渤海西北沿岸にあった倭
第三章 古代神話の舞台と任那
第四章 唐との戦いと新政権

著者:平井 進

1970年 大阪大学卒業(物理学)
2008年 ソニー(株)定年退職
2014年 東北大学大学院博士課程修了(法哲学)
法学博士
著作:2014年 「技術開発における自由と正義」(博士論文)
2015-16年 「法のかたち-所有と不法行為」(商事法務ポータル連載)

ネット書店

  • https://amzn.to/3f3Yc6Z

オススメ書籍

少女神 ヤタガラスの娘

みシまる 湟耳

アフリカのホモ・サピエンスが天皇制国家・日本を建国するまでの歴史

本田 幸雄

彷徨える日本史 今、解き明かす「征韓論」西郷隆盛は主流かそれとも傍流か

源田 京一

橘姓楠木氏の末裔 北遠・袴田一族のルーツを解く!

袴田 耕司