イノベーションの不確定性原理 Uncertainty Principle of Innovation 不確定な世界を生き延びるための進化論

太田 裕朗/山本 哲也[著]

2022.05.06

1800

単行本

ネットで買う

書籍内容

イノベーションは一人の天才による発明ではない

そもそもイノベーションとは何を指しているのか、
いつどこで起き、どのようなプロセスをたどるのか、誕生の仕組みをひもといていく。

移動・輸送の革命や電気・通信インフラの進化、インターネットやスマートフォンの普及と、
人々の生活は数々の変化をし続けてきました。
人類は危機に直面するたび、科学や技術を駆使して生き延びようとしてきたのです。
ビジネスの世界においてイノベーションは未来を切り拓くものであると考えられ、
政府や多くの企業が変革を起こそうと取り組んでいます。
しかし、イノベーションとは何なんなのか、実態はいまだ分かっていません。
一人の天才的な人物の発明によって起きるとも考えられていますが、
実際には単なる発明ではなく、それを社会に浸透させ還元していく
長いプロセスを指すのです。
その仕組みが分かれば、次はどこからどんな新しい科学技術が誕生するのかを
想像することができ、社会に大きな変革を起こすための真の近道になるはずです。
本書では物理学とビジネス双方の知見をもつ2人の著者がこれまで重ねた議論を
まとめています。
イノベーションを創出し、不確定な時代を生き延びるためのヒントを与えてくれる一冊です。

目次

はじめに

第1章 イノベーションとは何か
――単なるアイデアやひらめきではなく、
社会に実装され構造化されてはじめてイノベーションになる

イノベーションという進化のプロセスが始まった
単なる発明ではなく社会そのものが変わっていく
イノベーションとはどういう歩みなのか
ライト兄弟が飛ばなくても誰かが飛んだ
100年以上かけて実用化されたLED照明
人間バージョンの自然淘汰
進化して生き延びるか、絶滅するか
多くの参加者と参加できる環境が必要

第2章 何がイノベーションを可能にするのか
――不確定な世界で必要なのは無数のトライアンドエラーである

生き延びたものが勝者になる
世界は不確実ではない。不確定だ
量子力学は不確定性原理に支えられている
不確定な世界を生き延びるにはトライアンドエラーしかない
ただ一つのプランしかないものは脆い
産業革命で人類は新たな段階に入った
技術革新だけで産業革命は起こらない
産業革命の背後にあったもの
権利を守り、報酬として還元する
モチベーションを掻き立てるものがあった
あるべき社会に対する哲学的考察も進んだ
イノベーションを促すアメリカの資本主義
明治維新を経て近代化に突き進んだ日本
トライアンドエラーの芽を摘んではいけない
挑戦するインセンティブやメリットがあるか
企業に求められるのはトライアンドエラーを奨励する文化
行き過ぎたマニュアル化の弊害
効率化の追求が全体を見直す視点を弱めることもある
失敗がなければうまくいく可能性も生まれない
変化を許容する集団であることが必要
科学技術の浸透を支える土壌
いいものは使う、という人の存在も必要

第3章 イノベーションを事業化させるには
――科学的ブレイクスルーに興味をもち、
応用して社会に実装するプロセスが必要

安定して反応が進む「るつぼ」がイノベーションを生む
今進行する日本版「イノベーション」への疑問
環境整備こそ最優先に取り組むべき

第4章 イノベーションの起点になる“ヘリコプターマインド”とは
――ダウンサイドのリスクにとらわれずアップサイドを追求する

オプショナリティをもち、トライアンドエラーをする
「なんでもいいからやってみる」のがトライアンドエラーではない
アップサイドを見ることが大事
アップサイドへの熱狂こそ、イノベーションの原動力になる

第5章 次世代のイノベーションを探る
――科学技術の最前線に目を向ける

明らかになったイノベーションの基本構造
今注目すべき科学的ブレイクスルーとは何か

第6章 イノベーションを続けるための倫理を学ぶ
――倫理的思考力を身に付けて人類の持続可能性を高める

イノベーションの負の側面に注目することも必要
倫理的な価値観、問題解決能力を養う西欧の教育
人も企業も徳を積むことが求められる

おわりに

〈参考文献〉

著者:太田 裕朗/山本 哲也

■ 太田 裕朗/オオタ ヒロアキ
京都大学大学院工学研究科航空宇宙工学専攻/助教を経て、
カリフォルニア大学サンタバーバラ校にて研究に従事。
2010年より、マッキンゼー・アンド・カンパニーに参画。
2016年より、ドローン関連スタートアップである
株式会社自律制御システム研究所(現社名:株式会社ACSL)に参画、
代表取締役社長として2018年東証マザーズ上場(CEO、会長を経て2022年3月退任)。
2021年、早稲田大学総長室参与(イノベーション戦略)。
2022年より、早稲田大学ベンチャーズ(WUV)共同代表。京都大学博士。

■ 山本 哲也/ヤマモト テツヤ
オックスフォード大学理学部物理学科卒業(MA Oxon)後、
1994年に三井物産株式会社入社、日米でベンチャーキャピタル事業に従事。
2008年、株式会社東京大学エッジキャピタル (UTEC)参画。2009年、取締役パートナー就任。
UTECではIT分野を中心とするシード/アーリーステージ投資を担当したほか、グローバル戦略にも注力。
産業用ドローン開発の株式会社ACSLや知能化産業用ロボット開発の株式会社Mujin等の
創業期に投資し社外取締役を歴任。
Forbes JAPANが日本ベンチャーキャピタル協会(JVCA)の協力のもと、毎年行っている
「日本版MIDAS LIST」日本で最も影響力のあるベンチャー投資家ランキング2019年度1位。
2020年にUTEC退任後、2021年より、
オックスフォード大学経営大学院在籍(エグゼクティブMBAオックスフォード・アラムナイ・スカラー)、
早稲田大学総長室参与(イノベーション戦略)。
2022年より、早稲田大学ベンチャーズ(WUV)共同代表。

ネット書店

  • https://amzn.to/3f3Yc6Z

オススメ書籍

日米中一五〇年の歴史 日本は米中冷戦を防ぐために何をすべきか

本田 幸雄

亡国の地鳴りが聞こえる 混迷の奥に見えるもの

徳永 圀典

沈みゆく日本 救うのは「先人に学ぶ逆転の一手」

早川 輝藏

壊れたニッポンを治す為の21の処方箋

松本 繁治