開業医を救うオンライン診療

鈴木 幹啓[著]

2021.07.01

880円(税込)

幻冬舎メディアコンサルティング

新書

ネットで買う

書籍内容

ナス改定、新型コロナウイルス感染拡大による患者の受診控え――
追い詰められる開業医を救うオンライン診療のノウハウを
「日本一忙しい小児科医」と呼ばれる著者が徹底解説

新型コロナウイルス感染拡大で多くの患者が受診控えを行ったことにより、
開業医は苦境に立たされている。
同時に、リモート化の推進でオンライン診療の需要が高まっているが、
多くの医師がその導入に躊躇している事実がある。
本書では、1日最大350人の外来患者を診る著者が、
診療報酬の低いオンライン診療でも稼げる方法を開設する。

目次

はじめに
第1章 診療報酬マイナス改定と新型コロナウイルスによる受診控え
追い詰められる開業医たち
第2章 ライバル不在の今だからこそ、早期導入がカギ
オンライン診療で窮地から脱せよ
第3章 スタッフ不要、スキマ時間を有効活用、エリアを超えた集患
オンライン診療導入によるメリット
第4章 詳細な問診票を作成し、診断の効率を上げる
オンライン診療は“3分”を目指せ
第5章 ドクターブランディングで圧倒的な集患を実現――
オンライン診療で選ばれる医師となれ
第6章 セカンドオピニオン、健康相談、メディアへの露出――
オンライン診療の成功は診療外収益をもたらす
おわりに

著者:鈴木 幹啓

すずきこどもクリニック院長
株式会社やさしさ代表取締役
株式会社オンラインドクター.com代表取締役
1975年(昭和50年)10月2日生まれ。三重県伊勢市出身。
日本小児科学会認定小児科専門医。
「臨床経験9年でのスピード開業」と呼ばれ、
2010年5月、最年少クラスである34歳(前期研修2年間を含む臨床経験9年)で現在のクリニックを開業。
設立当初からデジタル戦略やPR戦略をフルに活用し、医療圏は驚異の60㎞範囲をカバー。
和歌山県新宮市(人口約2万7000人)の地方都市にもかかわらず、
日本一忙しい小児科医と称されるにいたる。
また、自身でオンライン診療を行いつつ、
オンライン診療実施医療機関と患者をマッチングさせるポータルサイトであるアプリ
「イシャチョク」を運営している。

ネット書店

  • https://amzn.to/3f3Yc6Z

オススメ書籍

コロナと闘った男 感染対策最前線の舞台裏

惟村 徹

人生の最後を「感動」で締めくくる! 介護施設選び5つのポイント

人生の最後を「感動」で締めくくる! 介護施設選び5つのポイント

上村岩男

人生を好転させる歯科治療

人生を好転させる歯科治療

安岡大志

事例でわかる! 家族のための「在宅医療」読本

事例でわかる! 家族のための「在宅医療」読本

内田貞輔