人生を切り開く笑いのチカラ

安積 中[著]

2021.08.03

968円(税込)

幻冬舎メディアコンサルティング

新書

ネットで買う

書籍内容

人生における失敗や挫折を「笑い」に転換するための思考法とは――
乗り越えたい壁がある人、将来に不安がある人、必読の一冊。

日本人の4人に1人は何かしらの不満を抱えています。
老後の未来には年金不安と健康不安が待ち受けており、
それに加えて、昨今ではコロナ禍での鬱々とした状況も……。
私たちは今、「笑っている場合ではない」世の中を生きているのです。
しかし、このような世の中だからこそ、笑いが必要です。(はじめにより抜粋)

笑いが健康やコミュニケーションなどの面でさまざまな効果を生むことは
よく知られています。
例えば、がん細胞などに抗う細胞が活性化されたり、
筋肉と心理的な緊張がほぐれてリラックス効果が高まったり……。
不満や不安が生み出すストレスなどを解消できる数少ない方法の一つが、「笑い」なのです。

著者は、大阪で歯科医を開業しています。
「歯医者」と聞くと、「どうせ裕福な家に生まれて、順風満帆に生きてきたのだろう」
と思う人がいるかもしれませんが、実は正反対です。
大阪の下町、風呂なし団地で生まれ、貧乏生活が当たり前でしたが、
小学1年生のときの「運命の瞬間」を機に、歯医者になることを心に決めるのです。

しかし、貧しい家庭から歯医者になるという夢への道のりはとても遠く、
さまざまな困難が待ち受けていました。
よく「山あり、谷ありの人生」と言いますが、「谷あり、谷あり」の人生だったのです。
そんななか、「現実を恨んだり、他人を羨ましく思ったところで何も変わらない」
と著者は気づき、
笑っている場合ではない状況こそ、無理矢理にでも『笑い』に転換しました。
この「笑いのチカラ」によって、その後の人生がどんどん好転していくのです……。

本書は、著者の「谷あり、谷あり」の人生を笑っていただきつつ、
その過程で実感した「笑いのチカラ」についてまとめています。
この力を習得して、ハッピーな人生を勝ち取ることができますように。

目次

はじめに

第1章 「笑いのチカラ」こそ人生を豊かにするカギ
・葬儀場と歯科医院では誰も笑わない
・笑いがもたらす6つの効果
・心も体も人生も豊かになる

第2章 人生を切り開く3つの「笑いのチカラ」
・夢の実現に必要なもの
・人生、谷あり、谷あり
・1「笑うチカラ」が人と知見を呼び込む
・2「笑われるチカラ」で足りないものが見える
・3「笑わせるチカラ」は人生設計に役立つ
・窮屈な時代こそ「笑いのチカラ」を磨こう

第3章 「笑うチカラ」~苦境は笑い飛ばす~
・運命の出会い
・笑うために重要な3つのポイント
・人を妬む気持ちを消す
・貧乏が当たり前だった少年時代
・憧れた「新・三種の神器」
・経済発展に取り残された家
・絶対権力をもつスパルタの父
・笑顔で働き続けた母
・文句を言う前に感謝
・病気の友達から学んだこと
・欲しいものは自分でつかみ取る
・目標達成の予行演習
・楽しいから頑張れる

第4章 「笑われるチカラ」~人に笑われる目標ほど価値がある~
・10年越しの告白
・「笑われるチカラ」が身につく3つのポイント
・目標の公言を恐れてはいけない
・最大の問題は学力不足
・笑われたくない病
・描けていない目標までの道のり
・甲子園で優勝した同級生
・やる気を失い、退化する日々
・自分の気持ちに素直になる
・笑われて気づいたこと
・本気で挑んだ三度目の正直
・笑いを通じて仲間ができた
・本気で取り組むからかっこいい

第5章 「笑わせるチカラ」~人が「面白い! 」と思うポイントを見極める~
・笑いが空気を浄化する
・「笑わせるチカラ」をつける3つのポイント
・主役は相手
・相手を落とさず自分を落とす
・笑えるのは美談ではなく失敗談
・最適なオチを考える
・サービス精神が大事
・自分に好意的でない人も笑わせられる
・人生のオチを意識する
・ブラック医院の雇われ院長
・堂々と言えば2割増しで面白い
・経験談は自信をもって語れる
・自信は目標達成につながる
・開業の機会を呼び込んだ

第6章 人生、笑ったもん勝ち
・理不尽のなかで考えたこと
・「笑うチカラ」で前向きになれる
・笑わせること=人を喜ばせ、幸せにすること
・笑いの絶えない楽しい人生を送るためには、常に目標が必要
・目標を明確にする
・笑って死ぬことは、人生最高のオチ

おわりに

著者:安積 中

あづみハッピー歯科医院院長
生まれ育った家庭は裕福でなかったが、
小学生時代に近所の歯科医院に停まっていたフェラーリを見て憧れ、歯科医を志す。
1981年大阪府立北野高校に入学するものの、学業に身が入らず大学受験に失敗。
浪人時に一念発起して勉学に励み、福岡県立九州歯科大学に合格。
1993年大学卒業後、5年の勤務医と3年の雇われ院長を経て、
2002年大阪市平野区にてあづみハッピー歯科医院を開業。
気取らない、庶民感覚の対応を心掛ける「町の歯医者さん」を目指している。

ネット書店

  • https://amzn.to/3f3Yc6Z

オススメ書籍

アトピー・花粉症もスッキリ! アレルギーは腸から治す

林 隆博

イラスト図解 9割の腰痛は自分で治せる

坂戸 孝志

「医薬分業」への挑戦 86年続く調剤薬局奮闘記

前納 秀夫

疑問に答える糖尿病外来

清野弘明