みずすまし

みずすまし

林伸一[著]

2020.06.29

1320円(税込)

幻冬舎メディアコンサルティング

単行本

ネットで買う

書籍内容

「世界が水中心になったらどうなるか」
奇想天外な発想ながらも、著者が大真面目にかつ、科学的に水中心になったパラレルワールドの解説を行う! !

皆さんにお願いがあります。

もう少し、水に優しくしていただけないでしょうか?

雨が降ったからって嫌な顔しないでください……。

皆さんの体の3分の2は水でできているんですよ……。

もし水がもっと敬われて、水が世界の中心になったら――。
これから皆さんを、奇想天外な水の世界に案内します。

水が秘めている可能性を知っていただけたらうれしいです。

目次

1 みずのはなし
2 みずのでーた
3 みずのまち
4 みずのことわざ

著者:林伸一

1961年、愛知県生まれ。1985年、一橋大学社会学部卒。1990年、ウォータージェット工法を用いて生産設備・インフラの維持・管理を行う日進機工株式会社に入社。2011年、代表取締役に就任。東日本大震災の際、石油コンビナートの火災の原因を調査すべくウォータージェット工法で損壊した球形タンクの切断を依頼され、その技術力が高く評価される(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ネット書店

  • https://amzn.to/3f3Yc6Z

オススメ書籍

地方創生は古い建築物を見直せ

鈴木勇人

Beautiful Moments UYUNI

樋渡 さなえ

どこにでもある会社のどこにもない魅力 地方建設業の成功事例に学ぶ勝ち残り戦略

荒木 恭司

貢献する経営 自社マンションブランドを全国に拡大した小さな建設会社の“他者ファースト”という経営哲学