110歳まで元気に生きる! 実験オタクなドクターに学ぶ健康長寿のウソ・ホント

永野正史[著]

2020.02.03

1430円(税込)

幻冬舎メディアコンサルティング

単行本

ネットで買う

書籍内容

その健康法は本当に正しい?巷でよく聞く健康法の“真偽”を61歳内科医が自らの体を張って検証!

血圧は運動後に上がらない!?肉の食べ過ぎは血糖値には関係しない!?…etc.「健康で長生き」が多くの人にとって関心の高いテーマであり、それを実現すべく様々な健康法を試している人も多い現代。しかし、それらの健康法の中には古い情報や誤った情報に基づいたものもあり、必ずしも効果的であるとは限りません。

本書では、実験が大好きで「110歳まで元気に生きること」を目指す内科医・永野正史先生が、巷でよく聞く健康法の真偽を、自らの体で検証した上で医学的根拠を踏まえながら解説します。元気で長生きするために押さえておきたい知識が満載。読んで楽しくタメになる一冊です。

目次

はじめに
第1章 巷にあふれる「健康の常識」は間違いだらけ!? ~医師の私が自ら「実験」する理由~
第2章 断食、ケトン食、キウイ負荷……etc. 試してわかった! 老化と生活習慣病を防ぐ食生活のウソ・ホント
第3章 運動後血圧測定、絶食ランニング、8か月連続ハーフマラソン……etc 試してわかった! 長生きできる体をつくる運動のウソ・ホント
第4章 1日4時間睡眠、10日間暗室生活、終夜ポリグラフィー……etc 試してわかった! 心身の回復と免疫力アップを促すウソ・ホント
第5章 バーチャル大腸内視鏡検査、遺伝子解析検査、降圧剤連続服用……etc 試してわかった! 病気を未然に食い止める検査と薬のウソ・ホント
第6章 健康長寿へのモチベーションを保ち続けて、本気で110歳を目指そう
おわりに

著者:永野正史

永野正史 1958年10月生まれ。1985年に佐賀医科大学卒業後、三井記念病院にて内科研修医、内科腎センター医員を経て、1992年に敬愛病院内科に勤務。1996年に敬愛病院副院長を務めた後、2003年に練馬桜台クリニックを開業(内科・透析・健診)。マラソンは趣味の域を超え、自己ベストは東京マラソン(2014年)にて3時間41分35秒を記録。

ネット書店

  • https://amzn.to/3f3Yc6Z

オススメ書籍

予防弱者 知らぬ間に不健康に陥る日本人

金子 泰英

子どもから大人まで 誰もがわかる大病の回避術

山本 雅一

鴨川カレイドスコープ ~京都の医大病院を舞台にした10人の物語~ 

京都府立医科大学創立 150 周年記念事業実行委員会

心食同源 自分に合った食習慣を見つける

狩野 高光