感動を売る写真館 年間利益1億円を生み出す人気の秘訣

感動を売る写真館 年間利益1億円を生み出す人気の秘訣

河田年弘[著]

2019.10.15

880円(税込)

幻冬舎メディアコンサルティング

新書

ネットで買う

書籍内容

非日常の演出と「おもてなし」の接客で年間利益1億円!
技術なし、コネなし、資金なしから始まった小さな写真館が
多くのファンを生み出す人気店になれた理由とは?

大手子ども写真館の台頭、スマホの普及で、年々その姿を消す個人経営の写真館。
そんななか、独自の経営手法で着々とファンを増やし、成長を続ける人気スタジオが兵庫県にあります。
専門学校を出たわけでも、カメラマンのもとで修業をしたわけでもない、
素人カメラマンからスタートした著者が人気スタジオの経営者となれた理由は、
「非日常」が感じられる店作りと「おもてなし」の接客にありました。
時代やニーズの変化を汲み取り、常にトライ&エラーを続けてきた著者が贈る、
大手に負けない「強いお店」をつくるための経営戦略。

目次

第1章 スマホの普及、大手子ども写真館の台頭―利用者の減少で年々姿を消す個人経営の写真館
第2章 モノ消費からコト消費の時代 個人経営の写真館に足りないのは、お客さんを「感動」させること
第3章 非日常の演出と「おもてなし」の接客 「感動」を生み出す店づくりの秘訣
第4章 異業種との連携、地域活性化…「感動」を基軸に経営を回復させた写真館

著者:河田年弘

株式会社エミュ代表取締役。1967年生まれ。大学時代、アマチュアカメラマンとの出会いからカメラに興味を持つように。大学卒業後は印刷会社に入社するが、1993年、叔父の紹介で写真館の店長として写真館経営に携わる。2001年、兵庫県神戸市に1号店となる「スタジオエミュ」をオープン。女性が好む内装やサービスで人気を呼び、1店舗あたりの売上は1億円を超える。現在は県内に6店舗を展開。同業のみならず、異業種からも経営についての相談が絶えない。写真館経営のコンサルタントとしても活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ネット書店

  • https://amzn.to/3f3Yc6Z

オススメ書籍

交通事故、労働災害、転倒・転落…… 患者が知っておくべき脊髄損傷リハビリ

柴田 元/

DX戦記 ゼロから挑んだ デジタル経営改革ストーリー

中西 聖

From ZERO  地方の町工場をグローバル企業に変えた 二代目女性社長

手島 由紀子

劇症型地球温暖化の危機を資本主義改革で乗り越える