倒産前夜の経営者が再起するたった一つの方法

倒産前夜の経営者が再起するたった一つの方法

長谷川博郁[著]

2019.06.12

880円(税込)

幻冬舎メディアコンサルティング

新書

ネットで買う

書籍内容

売上不振、運転資金の不足、人材難……
「倒産」の二文字がよぎった時、経営者に残された最後の希望とは?
大切な事業、従業員、個人資産も守り抜く!
「第二会社方式」による驚きのスキームとは! ?

「第二会社方式」の基本の仕組みから、各フェーズで気をつけるべきポイントまで丁寧に解説。
〝覚悟さえあれば、どんな経営者でも再起することができる〟
倒産目前の経営者を救う希望の一冊。

目次

第1章 経営者にとって何よりも恐ろしい「倒産」
第2章 債務超過で倒産秒読み崖っぷち経営者を救う「第二会社方式」の再生とは?
第3章 「第二会社」を設立して再起を図る 「ヒト・モノ・カネ」を旧会社からスムーズに移管するコツ
第4章 「Xデー」の設定、金融機関への対応…… 円滑に債務処理を進めるポイント
第5章 第2会社方式の活用例 事業を守り続ける経営者たち
第6章 どんな経営状態でも打開策は必ずある

著者:長谷川博郁

合同会社リバースコーポレーション代表。青森県八戸市生まれ。父親が創業した会社を27年で外食中心に店舗数80店舗、年商60億円の会社に育てる。しかし度重なる問題により売り上げが低迷。その際メインバンクに勧められ事業再建に取り組むも、主力事業を売却させられたところで裏切られ、負債総額18億円を背負う。債務超過となり倒産寸前で第二会社事業再生コンサルタントと出会い、銀行と決別し第二会社で12店舗を残すことに成功。それ以来、自らの経験と第二会社再生ノウハウを生かし、全国の中小企業や中堅企業の経営者、債務者のために債権者と戦い続けている。2009年から現在まで37社をコンサルティングし、各社とも第二会社で盛況中。活動地域は青森県八戸市を中心に、東京、愛知、大阪、鹿児島で事業再生及び経営指導を行い、第二会社の個別指導、コンサルティングをし、潰れない事業展開や銀行に潰されない経営の普及に努めている。その間、ケンタッキーチキンオーナー会の理事に就任。なか卯ではオーナー会初代理事長に就任しオーナー会の基礎を確立。日本フードサービス協会の理事を長く務め、外食事業発展に努める。青森公立大学で3年間流通論の講義を担当。盛岡大学では外食論を講義している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ネット書店

  • https://amzn.to/3f3Yc6Z

オススメ書籍

中高一貫校生徒の親が知っておくべき具体的すぎる難関大学現役合格メソッド40

乾 俊和

人生を成功に導く「しくじり」のススメ

郭 樟吾

デタラメ受験戦争 失われた「学びの本質」

大坪 智幸

子どもの脳を壊すネット・ゲーム依存症

久場川 哲二