プロフェッショナル介護人

木下博之[著]

2018.07.31

800 円(税抜)

幻冬舎メディアコンサルティング

新書

ネットで買う

書籍内容

超高齢社会の日本
介護の知識と技術を兼ねそろえ、
人間味溢れる「プロフェッショナル介護人」は
ますます求められる存在へ

本書は、今現在介護現場で働く人やこれから働きたいと考えている人に向け、
「介護のプロフェッショナル」として人生のキャリアを築いていくための心構えが書かれています。
全体は「現場」と「経営」の双方の視点から
「メンタル」「サービス」「知識」「組織づくり」の4項目に分けられ、テーマ毎に読みやすい構成となっています。

現在介護現場で奮闘する人たちへのエールになること、
そして、これから介護業界へ飛び込んでくる人たちの支えになること。
また、介護職に従事する人のみならず、現在ご自宅で、ご家族の介護を行っている方々へも
「介護の尊さと素晴らしさ」を伝えたいという著者の思いが込められています。
遠くない将来、いつかご高齢になられるご家族がいらっしゃる方にも是非読んでいただきたいと思います。

ジャンルとしては実用書になりますが、内容は対話形式に近い形で展開していくため、
また、人間的・日常的な喜怒哀楽に満ち溢れた身近なエピソードをふんだんに交えながら書かれていますので、
まるで小説やエッセイを読むかのように一気に最後まで読み進み、読後はほのぼのとした温かい余韻が心に残ります。

本書の最後には、著者のかつての会社同僚でもあり、
ご家族の介護経験を有するジャーナリスト谷本有香氏と著者による
「これからの日本の介護のあり方、進むべき道」をテーマとした対談も収録されています。

目次

はじめに
第1章 介護職でプロフェッショナルを目指すべき理由
第2章 まずは自らの「介護理念」を持つ。あるべき介護人の姿を描くことがプロへの第一歩【メンタル編】
第3章 介護はケアではなくサービス。ご利用者の感動と笑顔を生んでこそプロである【サービス編】
第4章 命を預かるプロとして介護現場のリスクマネジメントが不可欠【知識編】
第5章 一人では介護職は成り立たない。職場のモチベーションまで高めるのがプロの介護人【組織づくり】
第6章 〝プロフェッショナル介護人〟が業界の未来を支える

対談:ジャーナリスト谷本有香 ✕ 木下博之
おわりに:本当に幸せな8年間(布施君江)
あとがき

著者:木下博之

1970年生まれ。大阪府大阪市出身。慶應義塾大学卒業後、山一證券株式会社入社。
会社自主廃業後、米国ジョージタウン大学ビジネス・スクール留学を経て、外資系投資銀行勤務。
その後、不動産アセットマネジメント会社勤務を経て、2008年本書の執筆協力者でもある布施君江との出会いをきっかけに老人ホーム運営会社を設立し、代表取締役就任。
現在は太閤木下建設株式会社代表取締役副社長として、
金融的視点も交えた総合的な不動産・建設業務に携わりながら、国内外含めた新規事業の開拓に取り組む。

ネット書店

オススメ書籍

衰退産業でヒット商品を生み出す4つの法則

衰退産業でヒット商品を生み出す4つの法則

髙橋和江

安定収益と社会貢献を両立する 小規模保育園経営

安定収益と社会貢献を両立する 小規模保育園経営

河村憲良

社員の幸せを創る経営

社員の幸せを創る経営

神山典士

医療機器開発とベンチャーキャピタル 実践編

医療機器開発とベンチャーキャピタル 実践編

大下創/池野文昭