建てる前に知っておきたい 地震に強い家づくり

建てる前に知っておきたい 地震に強い家づくり

益田修一[著]

2018.02.01

1430円(税込)

幻冬舎メディアコンサルティング

単行本

ネットで買う

書籍内容

潰れないという安心感、こだわりたい住み心地……
そんな二つの条件を両立させることができるのが「左脳型」家づくり。
地震の多い日本だからこそ知っておきたい、本当に強い家づくりを徹底解説!

「耐震基準」
それは家づくりにおける安心・安全の基準である。
しかしそこにはいくつもの「穴」が……
近い将来に大都市圏を震災が襲う可能性も高まるなか、一体どんな家づくりをすればいいのか。
そんな悩みを解消できるのがこの一冊。
40年以上にわたる「地震に強い家づくり」の研究と精緻なシミュレーション技術を駆使した著者が解説する、今後の日本を支える「左脳型」家づくりをするための必読書。

目次

第1章 “新耐震基準”適合住宅の2割以上が倒壊―潰れるリスクにさらされる日本の住宅
第2章 基準を満たした住宅がなぜ潰れてしまうのか―「耐震基準」の穴
第3章 建物だけでなく基礎部分の構造計算が不可欠 大地震で潰れない住宅は「左脳型」の設計で実現する
第4章 完璧な「強さ」と最高の「住み心地」を両立させた家づくり
第5章 大地震で潰れないという安心感が、充実した暮らしの礎になる

著者:益田修一

株式会社益田建設代表取締役会長。1977年の会社設立以来、一貫して構造計算と積算の重要性を主張し、自動積算システム『MASIDEA』を開発。精算法によって適切な耐力壁の量や金物の位置などを導き出し、耐震性の高い独自工法を行うことで、地震に強い住まいづくりを実現している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ネット書店

  • https://amzn.to/3f3Yc6Z

オススメ書籍

貢献する経営 自社マンションブランドを全国に拡大した小さな建設会社の“他者ファースト”という経営哲学

利益を生み出す建設業のための原価管理術

三國 浩明

安心・安全な家を建てるなら、RC住宅を選びなさい。

井上 功一

どこにでもある会社のどこにもない魅力 地方建設業の成功事例に学ぶ勝ち残り戦略

荒木 恭司