1日10分押すだけ 疲れ・痛みがスッと消える 「耳のツボ」健康法

小田博[著]

2016.12.14

880円(税込)

幻冬舎メディアコンサルティング

新書

ネットで買う

書籍内容

肩こり、腰痛、頭痛、眼精疲労……。
現代人の疲れ・痛みは「耳のツボ」で解決できる!

耳ツボを研究していくと、整形外科的にも理にかなったメカニズムが多く、
疲れ・痛みを消すことに役立つことがわかりました。
さらには、肩や腰は自分で押すことは困難ですが、
耳の裏のツボであれば自分で押せる場所にあるため、毎日のケアにも適しています。
そこで本書では、難しい知識・技術をもっていなくても
、安全、安心、確実な方法で耳のツボを刺激して疲労を回復、
肩こりや腰痛などの痛みを取り去る「耳のツボ健康法」をレクチャーします。
どれも簡単で即効性が期待できる方法ばかりをそろえました。

【耳のツボ健康法1】
押す位置はだいたいでOK! いつでもどこでも「指圧」でツボを刺激

【耳のツボ健康法2】
タオル1枚ですぐにリラックス! 耳に心地いい「温熱」マッサージ

【耳のツボ健康法3】
肩、腰、背中よりも即効性大! 「磁気」の力で毎日簡単ツボ押し

目次

第1章 「疲れ・痛み」に影響大!?耳と健康の意外な関係
第2章 全身の疲労と痛みに効くツボは、「耳の裏」に隠れている
第3章 強く押しすぎないことがポイント!1日10分「耳のツボ」健康法
第4章 うつ症状、乗り物酔い、鼻づまり…「耳のツボ」健康法は、あらゆる“不調”を和らげる無限の可能性を秘めている

著者:小田博

医学博士。日本大学医学部卒業後、日本大学医学部附属板橋病院、駿河台日大病院(現・日本大学病院)、公立安伎留医療センター、東松山市市民病院、春日部市立医療センター勤務を経て、おだ整形外科クリニックを開設。治療を通じて、肩こりや腰痛、VDT症候群に悩む患者と接するうちに、日常の中で疲れや痛みを取り去る方法を模索。整形外科専門医としての知識や技術を生かして、耳の裏を刺激する健康法にたどり着く。日本整形外科学会専門医、日本脊椎脊髄病学会、東日本整形災害外科学会所属(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ネット書店

  • https://amzn.to/3f3Yc6Z

オススメ書籍

「医薬分業」への挑戦 86年続く調剤薬局奮闘記

前納 秀夫

健康脳が寿命を延ばす

谷 茂

イラスト図解 9割の腰痛は自分で治せる

坂戸 孝志

ロボット薬局 テクノロジー×薬剤師による薬局業界の生き残り戦略

渡部 正之