雀が墜ちる時 下

鶴石悠紀[著]

2022.03.31

1100円(税込)

幻冬舎

Kindle

ネットで買う

書籍内容

地球規模の地殻変動、迫る国土消失――その果てに、人々は未来を描けるか。

小惑星プシュケの接近によって発生する、地球規模の大規模地殻変動。国土全てを失うこととなった日本は、新天地への避難計画を進めていた。そして、ついに「その時」が訪れる――。破滅の向こうに、人類が作り上げた新たな世界の姿とは?緻密な構成で徹底的にリアルを追求した近未来SF群像劇、堂々完結!

著者:鶴石悠紀

1945年、岡山県生まれ。1967年、東京大学電気工学科卒。セイコーエプソン(株)、(株)リコーに勤務後、2005年経営コンサルタント事務所開業。中小企業診断士、社会保険労務士。著書に『天意を汲めるか』(2018年、幻冬舎メディアコンサルティング刊)、『霊性進化』(2018年、幻冬舎メディアコンサルティング刊)、『こんにちは、民生委員です。』(2018年、幻冬舎メディアコンサルティング刊)、『ブ・デ・チ』(2020年、幻冬舎メディアコンサルティング刊)。長野県茅野市民生児童委員(2022年2月現在)。

ネット書店

  • https://amzn.to/3f3Yc6Z

オススメ書籍

パイプ椅子裁判──私道に関する争い

阿部昭夫

150年後の君たちへ

未来 遊人

文庫版 ゆっくりいそぐわたしの生き方

寺本 貴美代

均衡の破れ 全てに触れる力を届けたい Break the equilibrium

本池 千美子