三十六・五度

橋口 久美[著]

2022.03.02

1650円(税込)

幻冬舎

単行本

ネットで買う

書籍内容

心の奥、深い場所を刺激する36篇の詩集。

私が私である証

他の誰かが私を必要としていなくても
私が私を必要としている

いやだ、とか、悲しい、とか、悔しい、憎い、妬ましい。
あるいは欲望や苦悩や不安。
そういう感情すべてひっくるめて持っていて、私たちは人間なのだ。
生きているのだ。

著者:橋口 久美

一九六五年、福岡県生まれ。西南学院大学文学部卒業。
熊本大学大学院社会文化科学研究科博士前期課程修了。
二〇一〇年、詩集『半身』(幻冬舎ルネッサンス)刊行。

ネット書店

  • https://amzn.to/3f3Yc6Z

オススメ書籍

救国の独裁者

山田 遼

二つの墓標 完結編

丹波 燐

貴賤なき命たち 在宅緩和医が出会った、百人百様の「生」と「死」

片山 貴文

髪を切るのは、捜査の為で

FLICKA