濡羽色の朝

夏目ゆきお[著]

2022.03.31

1320円(税込)

幻冬舎

ネットで買う

書籍内容

これは、有り得るかもしれない未来--。
目を離せないパニックホラー・エンタテインメントがここに結実。

月城市内で起こったカラス事件を契機に、人間を襲う「害鳥」駆除の任を負うことになった吾郷貴之。しかし対策と調査を進めるうちに見えてきたのは、月城市市政と自然破壊の黒いつながりだった-ー。
開発による森林濫伐と、それに伴う鳥害に翻弄される人々。賢いがゆえに人間を識別して復讐する能力をも持つ鳥、カラスによる、自然界の逆襲。

著者:夏目ゆきお

ペンネームは夏目漱石と三島由紀夫にあやかる。サラリーマン生活リタイヤ前後から創作に取り組み、文学賞受賞を機に大きく変わる二人の若き作家の友情と家族愛を描いた『流行作家』(幻冬舎刊)を出版。本作は、二作目となる長編小説。庭に迷い込んだカラスのヒナを見たことが執筆動機。創作信条は、「小説は読まれなければただの紙」。ジャンルを問わず面白い小説を目指す。長男は将棋プロ棋士の杉本和陽五段。いつか将棋を題材にした作品も書く予定。

ネット書店

  • https://amzn.to/3f3Yc6Z

オススメ書籍

二つの墓標 完結編

丹波 燐

良子という女

野村 よし

KANAU―叶う―

堀江麻希

南風が吹く場所で

愛澤みずき