私が私を終える時

眞鍋 智子[著]

2022.01.31

1430円(税込)

幻冬舎

単行本

ネットで買う

書籍内容

著者が綴った「生きることの本質」が心に響く

死に対する恐怖、生に対する覚悟、社会に対する疑問、違和感、
日常の中で生まれる喜怒哀楽、気づき、人への想い、己への問い…
誰に宛てるでもなく、でも本当はどこかにいるはずの誰かに向けて、
二十有余年に渡り綴り続けてきた独白日記を一冊の詩集にまとめました。
この拙著のどこかで、読者の皆様と何かしらの共鳴が生まれれば本望です。(著者)

著者:眞鍋 智子

ネット書店

  • https://amzn.to/3f3Yc6Z

オススメ書籍

髪を切るのは、捜査の為で

FLICKA

スノードロップ ―雪の雫の日記―

降谷 さゆ

ぼくのカレーライス

大津珠実

声に恋して

渡辺 はこぶ