恋の水

暁喜綾敬[著]

2024.02.14

1540円(税込)

つむぎ書房

単行本

ネットで買う

書籍内容

実際に現場を経験した、元移植コーディネーターへの取材により、脳死判定や承諾書の署名、説明時に家族の座る位置など、本物の書類などを使い、可能な限り実際の現場を忠実に再現した、誰にでも起こり得る事を書いたフィクション。
知らない番号からの着信は、事故に遭った妻の緊急手術の承諾を求めていた。
慌てて駆けつけた病院で再会したのは、「脳死状態」という診断をされた身体が温かい妻と、彼女が残していたドナーカードだった。
そして私は、法的に妻の死を認める判定をすることと、まだ動いている彼女の臓器を提供するという判断を迫られた。
心理的圧力を与え無いように配慮された移植コーディネーターの説明を受け、床の振動にまで気を遣う厳格な脳死判定に立ち会っても、心には棘が残ってしまった。
多くの病院スタッフと、移植コーディネーターの、心遣いに感謝はしているが、自分の決断が正しかったのかの答えが出ないまま、一年間を過ごしてしまった私は、妻が行きたがっていた神社に一人でやってきた。
縁結びと病気平癒の御利益があると云われている神社は、周囲に人家の無い木々の中でひっそりと歴史を重ねていた。
そして私は彼女に出逢ったのだ。

著者:暁喜綾敬

東京都出身。
江戸っ子の両親から生まれ、多摩地区で育った為、標準語が苦手。
高校在学中に雑誌モニターを経験。
ヨーロッパ留学中に東西冷戦の終結やイラクのクェート侵攻があり、多くの国籍の人と話をして、その様々な考え方に影響を受ける。
表面的な現象の記述よりも、心の描写を好む。作品では、敢えて固有名詞を出さなかったり、登場人物の名に隠した意味を持たせたりするなど、内容以外にも読者を楽しませる工夫をしている。
「人生、笑って生きていく」がモットーで、他人を楽しませるのが生きがい。
小学生のようなイタズラが得意。

ネット書店

  • https://amzn.to/3f3Yc6Z

オススメ書籍

王様と母と私 モロッコ国王のマッサージ師となった母のシンデレラストーリー

田中 由紀子

介護って難しいと思ってたけど実際やってみたらめちゃくちゃやりがいのある仕事だった

人生のかけらプロジェクト実行委員会

旬殺

氷満 圭一郎

春に乗り遅れて、半額シールを貼られる 

円井定規