医療特区でがん難民と医療業界を救え

医療特区でがん難民と医療業界を救え

石田行司[著]

2013.03.04

814円(税込)

幻冬舎メディアコンサルティング

新書

ネットで買う

書籍内容

選択肢のない医療制度ががん難民をつくる

選択肢のない医療ががん難民を生む現代の保険制度。
真にがん患者やその家族が求める医療・介護サービスを提供するため、医療人として何ができるのだろうか。
医療特区を使ったがん治療、医療ビジネスの理想の姿とは?真の医療・福祉の連携とは?
〝選択できる〟医療の実現を目指し、新たなる医療・介護ビジネスの創造に挑んだ書。

目次

第1章 日本の医療の問題点
第2章 新たなる医療モデルへの挑戦
第3章 医療特区でがん難民を救う
第4章 次世代の医療・介護の実現
第5章 日本の医療サービスを海外へ

著者:石田行司

1965年大阪府生まれ。ニューロンネットワーク株式会社代表取締役社長、りんくう出島株式会社代表取締役社長。徳島文理大学薬学部卒業後、大手製薬会社にMRとして勤務。2002年に独立し、ニューロンネットワーク株式会社設立。調剤福祉事業を軸に、他業種との複合事業、ゲノム事業など幅広く手掛ける。2011年、りんくう出島株式会社を設立。「地域活性化総合特区」に指定されたりんくう(大阪府泉佐野市)での医療プロジェクトを現在推進中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ネット書店

  • https://amzn.to/3f3Yc6Z

オススメ書籍

失敗しないインビザライン

廣光 敦

幸せになる覚悟 夫婦がうまくいくための考え方

東野純彦

がんとの共存を可能にする3つの治癒力強化法

野本 篤志

1,637 施設を調査した介護業界のプロが厳選 南大阪・京都・滋賀・奈良の代表的なホームも掲載 別冊「有料老人ホーム三ツ星ガイド2022 年度版」 大阪―兵庫 102 選

介護の三ツ星コンシェルジュ編集部