企業倒産を招く法務トラブル35

企業倒産を招く法務トラブル35

弁護士法人中村綜合法律事務所[著]

2010.09.22

1430円(税込)

幻冬舎メディアコンサルティング

単行本

ネットで買う

書籍内容

法律を軽視する経営者は会社を倒産に追い込む!
中小企業経営者のための法務リスク管理の本

企業において法律トラブルは医療と同じで早期発見、早期治療をすれば被害を最小限に食い止めることができます。
そこで本書では、「就業規則は自由に作成できる?」「秘密情報を盗まれたら必ず使用を禁止できる?」「契約は口約束でも成立するから契約書はいらない?」など、経営者が陥りやすい法務トラブルの事前対策や解決法について具体的な事例をもとに解説し、企業経営における予防法務の必要性を訴えていきます。

目次

第1章 ヒトのトラブル―社内ルールを整備してこそ、会社は発展する
   (就業規則は自由に作成できる?;経営が厳しければ一方的に賃金をカットできる? ほか)
第2章 情報管理(チエ)のトラブル―情報・権利は会社の財産と思え
   (新製品を公開しても大事なノウハウは守れる?;従業員が作成した著作物の著作権は会社に属さない? ほか)
第3章 B to B(取引先)のトラブル―取引先とのリスク管理は事前準備で9割決まる
   (契約は口約束でも成立するから契約書はいらない?;債権を回収するためには訴訟を起こすしかない? ほか)
第4章 B to C(消費者)のトラブル―消費者との無用なトラブルを避け、会社の信用を守れ
   (個人情報管理体制の改善は急がなくてもよい?;クレーム処理は場あたり的な対応で構わない? ほか)
第5章 会社存続に関するトラブル―会社の存続を決めるのは、経営者の正しい法律知識
   (特定の親族に会社を継がせることは難しくない?;同族会社で一族に跡継ぎ候補がいない場合は会社をたたむ? ほか)

著者:弁護士法人中村綜合法律事務所

ネット書店

  • https://amzn.to/3f3Yc6Z

オススメ書籍

凡人から抜け出し圧倒的成果を生み出す 「進撃の思考」

近藤 悦康

かすうどん男

畑 博貴

旧態依然とした組織から脱却する 中小企業のデジタル活用術

中島 英司

驚くほど業績が上がる 中小企業のための「コンサルティング」活用術

山中 一浩