サルでもできる弁護士業

サルでもできる弁護士業

西田研志[著]

2008.12.17

1573円(税込)

幻冬舎メディアコンサルティング

単行本

ネットで買う

書籍内容

傲慢で、怠惰で、仕事のできない日本の弁護士たち。そんな弁護士たちが支配する閉鎖的な弁護士業界。本来なら、庶民の側に立つ<法の番人>として、「法」によって人々の抱える問題を解決し、また「法」の使いこなし方を人々に伝えなければならない立場であるはずの弁護士だが、まったくその役割を果たしていない。それはなぜなのか。法律事務所 ホームロイヤーズ所長の西田研志弁護士が、非効率で「人々の役に立たない」旧態依然とした日本の弁護士業界を糾弾! 日本の弁護士、弁護士業界の現状と問題点を白日のもとにさらし、弁護士業界の改革を訴える一冊。

目次

第1章 壊れた偶像―これが日本の弁護士の実態だ!
第2章 自由を奪われた日本の弁護士たち
第3章 共産党支配から抜け出せない日本の弁護士
第4章 弁護士なんてサルでもできる!
第5章 弁護士の新たな可能性

著者:西田研志

法律事務所ホームロイヤーズ所長弁護士。1949年、長崎県佐世保市生まれ。佐世保南高校、一橋大学法学部卒業。学生時代に一橋大学奥アマゾン第二次踏査隊長を務める。卒業後、日商岩井入社。’87年弁護士登録。フィリピン残留孤児や日比混血問題、ドミニカ移民問題などの国際人権問題分野の開拓者としても知名度が高い。一方、弁護士広告解禁、価格自由化を提言し、弁護士業務改革のリーダーとして注目されている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ネット書店

  • https://amzn.to/3f3Yc6Z

オススメ書籍

本当に必要なものだけに囲まれる、上質な暮らし

田村 昌紀

コレぜ~んぶUDなんです‼

伊藤 順子

薩摩の郷中教育に学ぶ 最強の後継者育成

塩野 時雄

社会人による社会人のための資本主義とは

緋鹿莱斗