世界最強人事
グローバル競争で勝つ 日本発・人材マネジメント

世界最強人事 グローバル競争で勝つ 日本発・人材マネジメント

南和気[著]

2015.10.10

880円(税込)

幻冬舎メディアコンサルティング

新書

ネットで買う

書籍内容

“日本企業が持つ強さ”と“グローバル人事の優れた点”を融合した
日本発・「世界最強人事」の在り方を説く。

(本文より)
企業の中には、グローバル化から取り残されてしまった部門があります。それが人事部門です。
生産、販売、調達、経理といったさまざまな機能がグローバル化し、ビジネスや社会の環境も変化し続ける中で、人事部門だけが大きな変化を経験することなく、今日まで来てしまいました。
日本国内のことしかわからず、日本人の従業員しか使えず、過去から連綿と続く人事制度の運用を主な業務とする。
そんな状況が多くの日本企業で今なお続いています。
では、どうすれば人事部門は変わることができるのか――その一つの道筋を考察するのがこの本の大きな狙いです。

人事制度が遅れているのに、人材が社内にとどまる日本の企業と、優れた人事制度があるのに、人材をとどめておけない海外の企業。
システムは非合理的なのに、「人を雇用する」という点には強みがあるように見える日本の企業と、合理的であるがゆえに、会社と従業員との関係が希薄になっているように見える欧米の企業──。
その間に「第3の道」はあるのではないか。そう私は考えているのです。
その「第3の道」を模索する方法として、私は、日本的人事慣行を残しながら、グローバル人事の仕組みの導入に果敢に挑んでいるいくつかの会社の人事部門の方々に直接話を聞くという方法を選びました。
それぞれの企業の人事部門から、それぞれに独自の方法論を学ぶことによって、
私が抱いてきた「謎」が解け、日本の人事が進むべき第3の道が見えるかもしれない。
そしてすべてのピースが揃ったときに、日本企業が持つ強さと欧米流の効率的なグローバル人事の両方の優れた点を融合した、日本発の「世界最強人事」と呼べるものが見えてくるかもしれない──。
未来に続くそんな道を見つめながら、私はインタビューを開始しました。

目次

第1章 グローバル競争から取り残された日本企業の人事
第2章 「日本の伝統的人事」でもなく「海外企業のモノマネ」でもない―日本企業の人事が目指すべき「第3の道」はあるのか?
第3章 「経営と一体化」した人材マネジメントを実行する
第4章 社員のパフォーマンスを最大化し、グローバル人材を育成する
第5章 全社的な組織力をいかに高めるか―グローバル人事に求められる「組織開発」
第6章 「人」を見つめる緩やかなグローバル人事が道を開く
特別寄稿 人事部門で働く人たちに自信と希望を与えてくれる本―神戸大学大学院教授 金井壽宏

著者:南和気

SAPジャパン株式会社人事・人財ソリューション部部長。大阪大学法学部卒業後、米国企業を経て2004年、SAPジャパンに入社。人事・人材戦略コンサルティングのスペシャリスト。欧米企業で広く導入されているグローバル人事の手法を、日本に適応させた「日本型タレントマネジメント」を2006年より「人材教育」誌に連載発表。500社に及ぶ日本の顧客企業とともに、2010年より「グローバル人材フォーラム」を開催し、事例発表による日本発・人材マネジメントのノウハウ普及に尽力している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ネット書店

  • https://amzn.to/3f3Yc6Z

オススメ書籍

賃貸仲介・管理業一筋50年 必勝の経営道

加治佐 健二

理念ドリブン 旧態依然とした会社を継いだ3代目経営者の組織改革

橋本 淳

社長のためのお金のトリセツ~資金繰り、融資、契約、決済、支払い、交渉、節税~ 

大林誠一

社会人による社会人のための資本主義とは

緋鹿莱斗