経営者のための電力マネジメント入門

経営者のための電力マネジメント入門

冨樫浩司[著]

2015.07.25

880円(税込)

幻冬舎メディアコンサルティング

新書

ネットで買う

書籍内容

オフィス、工場、病院……
大手電力会社に依存せず
「電力コスト削減&停電リスク回避」を実現する方法とは?

東日本大震災以降、電気コスト・リスクは上昇しています。
しかし、何かしらの対策を講じているが、それほど根本的な解決につながっていない、と感じている経営者は多いのではないでしょうか。
そこで本書では、電力のコストとリスクを徹底低減する方法を、発電・蓄電システムの技術を開発しながら、200社に及ぶ企業の電力に関するコンサルティングを行ってきた著者が解説します。

目次

第1章 大手電力会社に依存していると電力コストはふくらむ一方
第2章 発電・蓄電―電力は自力で“マネジメント”する時代
第3章 発電―ソーラー発電、風力発電、燃料電池システムで使用電力を完全にまかなう
第4章 蓄電―夜間の割安な電力をためることで停電リスクをゼロにする
第5章 「電力コスト削減&停電リスク回避」の両立こそが経営基盤を強化する

著者:冨樫浩司

グローバル・リンク株式会社代表取締役社長。大学卒業後、自動車会社、造船会社に勤務。蓄電技術の研究に携わっていたが、49歳の時に退職。故郷の宮崎県で過ごしていたが、東日本大震災をきっかけに蓄電・ソーラー発電を手掛ける同社を起業。再生可能エネルギーに事業の分野を特化し、自身も技術畑出身であることから高機能製品を次々と生み出しており、現在はTVや雑誌、新聞などのメディアにも多数出演している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ネット書店

  • https://amzn.to/3f3Yc6Z

オススメ書籍

仕事を成功に導くゴルフの心得

菅原祥元

衰退産業の勝算

井上 善海

リーダーのための動機づけ面接 実践編

濱田 佳代子 , 後藤 英之 , 石黒 仁

老後を救う投資術 投資信託と保険こそ、最高の金融商品

児玉正浩