人と社会を幸せにする仕事

人と社会を幸せにする仕事

吉田文紀[著]

2014.02.12

1320円(税込)

幻冬舎メディアコンサルティング

単行本

ネットで買う

書籍内容

それはすべて「志」からはじまった。

利潤第一主義がまかりとおる現代の風潮に抗い、
ポスト産業資本主義社会における企業の新たなあり方を問う。

2008年のリーマンショック以来、一流企業による食材偽装事件や
JR北海道のレール検査データの改竄・異常放置事件など、
強欲に任せた資本主義の限界が露わになりました。

しかし、これから訪れるポスト産業資本主義社会においては、
利潤を第一に追求する企業ではなく、
社会貢献する企業が求められています。

これから起業を志す読者のみなさんに、
自らの「志」を果たすためにはどのように経営を行い、
どのように事業を継続させるべきかを、
著者の起業体験をとおしてレクチャーします。

目次

第1章 2万分の1の成効率に賭けた起業
第2章 「苦しんでいる人を救いたい」という強い思いが原点
第3章 「志」を貫けばハイリスクを打破し、ハイリターンを獲得できる
第4章 独自の事業モデルで「空白の治療領域」に挑む
第5章 人と社会を幸せにする「未来企業」を目指して

著者:吉田文紀

1949年1月19日生まれ。1971年に学習院大学理学部化学科を卒業後、マサチューセッツ工科大学(MIT)大学院修士課程を修了。その後、ハーバード大学大学院で医療政策論、経営管理学を研究し、1975年に同大学大学院修士課程を修了。三菱商事での勤務を経て、1977年にエイ・エッチ・エス・ジャパンに入社。1980年に日本バイオ・ラッドラボラトリーズを創業し、代表取締役社長に就任。1991年日本シンテックスに入社、代表取締役社長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ネット書店

  • https://amzn.to/3f3Yc6Z

オススメ書籍

一般社員を1年で後継者に成長させる人材育成術

阿部 忠

理念ドリブン 旧態依然とした会社を継いだ3代目経営者の組織改革

橋本 淳

ダンボール2.0!

奥田敏光

職場がしんどい つらい人間関係から抜け出す本

申 大樹