サラサラ血液を手に入れる血流“劇的”改善法

三上 信久[著]

2024.05.02

1760円(税込)

幻冬舎

単行本

ネットで買う

書籍内容

慢性的な体調不良を劇的改善
血液をサラサラにする治療・セルフケア

体調不良の原因はドロドロ血液=「瘀血(おけつ)」にあった――
漢方に西洋医学を取り入れ、長年にわたり瘀血の解消に努めてきた医師が語る、健康を維持するための血流改善法とは

肩こりや頭痛、手足の冷え、むくみ、しびれ、痛み……。
こういった慢性的な体調不良は原因がよく分かっていないものが多く、薬を飲んでも治らない、仕方がないと悩みを抱えたまま日常生活を送っている人も少なくありません。

内科クリニックの院長であり漢方にも精通する著者は、こうした不調の多くは血液の流れがスムーズでないために引き起こされている可能性があり、血流の改善によって治すことができるといいます。

血の流れが悪くなり、滞っている状態を東洋医学では「瘀血(おけつ)」と呼びます。瘀血はドロドロ血液といわれる状態に近く、血液が毛細血管を通りにくくなるためさまざまな健康上のトラブルを引き起こします。肩こりや冷え性などの一般的な体調不良のみならず、腎不全や網膜静脈閉塞症、深部静脈血栓症などの難治性疾患の原因ともされています。そのため著者は血流改善によいとされる漢方薬だけでなく、血を固まりにくくする化学的な薬品も用いて患者の瘀血解消に取り組み、治療を行ってきました。また、血液の状態を良くする食事など日常的な生活習慣を整えて血流を改善することでも、一見無関係に思えるさまざまな体調不良の解消につながるのだといいます。

本書では、むくみ・しびれ・痛みなど、原因不明な体調不良を抱える読者に向けて、その解決策となる血流を改善する治療法と、予防のために実践できるセルフケアについて紹介しています。

薬を飲んでも治らず、仕方がないと諦めてしまっている人へ――
わずかな不調にも煩わされることなく、健康でいきいきとした毎日を取り戻すために、助けとなる知識や方法が得られる一冊です。

著者:三上 信久

1954年に青森県板柳町でリンゴと米農家の3人兄弟の次男として生まれる。
1973年に大阪大学工学部冶金・金属材料工学科入学。1977年大学のゼミの先生の勧めで玉川機械金属株式会社(現在の三菱マテリアル株式会社)入社、冶金・金属産業で有名な銅加工事業部に配属されるも、同年12月に医学の道を志すことを決意し希望退職募集に応じて退職。一から勉強して1979年に2回目の受験で弘前大学医学部に合格、東洋医学研究会をつくり、漢方も学んだ。1985年に同大を卒業し、札幌徳洲会病院へ入職。その後いくつかの病院で経験を積み、1994年12月に下長内科クリニックを開設し、以降、地域医療の向上に努めている。現在、八戸平和病院、スワンクリニック(南部町)での非常勤医師も務める。日本東洋医学会専門医・指導医。

ネット書店

  • https://amzn.to/3f3Yc6Z

オススメ書籍

縁もゆかりもない片田舎で僕がクリニックを開業した理由

髙橋 正浩

マイクロ・ニーズ 地域の小さな声に応え続ける、医療・社会福祉法人の取り組み

中澤 信

産婦人科専門医が教える!不定愁訴を治す食事

武者 稚枝子

2,572施設を調査した介護業界のプロが厳選 別冊「有料老人ホーム三ツ星ガイド2023年度版」関西210選

介護の三ツ星コンシェルジュ編集部