美しい日本の邸宅2

石出和博[著]

2023.03.28

1977.8円(税込)

幻冬舎

単行本

ネットで買う

書籍内容

海外からも高い評価を受ける
比類なきオーダーメイド邸宅選、待望の第2弾
2010年経済産業省 Japan Venture Awards環境特別賞受賞の著者による
オーダーメイド邸宅。雄大な自然を一望できる豪華なリビングや、
最高級のシアタールームなどを備えた全14邸宅を全編フルカラーにて紹介。

本書は前作『美しい日本の邸宅』の第2弾です。
第1弾では、北海道産木材を大胆に使った大邸宅や雄大な大自然と見事に調和した
美しい家々が国内のみならず海外からも絶賛され、多くの反響がありました。
第2弾では大開口の窓から自然を望む豪華なリビング、街の喧騒から隔絶された
開放感ある中庭、大音量の音響システムで音楽を楽しめる部屋やリゾートホテルのような
ジャグジーなど、プライベート空間を充実させたさまざまな建築例を追加。
施主の希望を叶えつつ、最高級の住み心地を実現する邸宅を多数紹介しています。

著者が率いる建築家集団が手掛けるオーダーメイド建築の最高峰、日本を代表する
邸宅といっても過言ではない珠玉の14選を美しい写真とともに掲載しています。

目次

プロローグ: 忘れ去られてしまった日本の美

第1章 暮らしに彩りを添える邸宅
生命が呼応する空間――木材の質感に触れる家
空間がつくるグルーヴ――暮らしの音が聞こえる家
日常という名の物語――日々の瞬間を彩る家

第2章 日本の四季折々の景観を望む邸宅
変わりゆく景色――季節の訪れを知らせる家
自然の懐の深さ――大窓で景色を堪能する家
抽象的な具体性――風景に溶け込む家
暮らしの本質――天然素材を活かした家

第3章 限られた空間に、無限の豊かさを生む都市邸宅
都会で優雅なリゾート気分――日常の喧騒を忘れさせる家
プライベートとパブリックの隙間――人を呼び寄せる家
落ちつきを取り戻す――ヒトとモノの重厚感を高める家
スペースの贅沢を享受する――静寂を楽しむ家
美しき二つの融和  対談 清水六兵衞 / 石出和博

第4章 素材が日本の伝統美を体現する邸宅
溢れ出る自然の光―—視界を広げてくれる家
日本の伝統を再解釈する―—和と洋が融合する家
郷愁を誘う―—和の心が生活に根差す家

エピローグ: 家は人の愛着で骨董品となる

著者:石出和博

1967年北海道産業短期大学建築学部卒・北海道アサヒビール株式会社入社。
1973年 北海道中堅青年海外派遣事業で渡米、
米国の建築に刺激を受け日本の伝統建築を学ぼうと帰国。
1974年 株式会社藤田工務店入社、宮大工の技術を学ぶ。
1989年 一級建築士事務所アトリエアム株式会社設立、伝統住宅、茶室などの作品を発表。
1997年 林野庁と北海道の支援を受け、国産木材を活用した新しい産地直送の
住宅供給システム、HOPハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社を設立、
現在に至る。

主な受賞
1997年 グットデザイン北海道
2000年 札幌商工会議所北の企業家奨励賞
2001年 林野庁長官賞
2006年 経済産業大臣賞
2010年 経済産業省環境特別賞
著書フォトエッセイ集こころ紀行(須田製版)、ハウスドクター診察室(リプラン社)、
石出和博とアトリエアムの世界(ART BOX社)、美しい日本の邸宅(幻冬舎)など。

ネット書店

  • https://amzn.to/3f3Yc6Z

オススメ書籍

地方創生は古い建築物を見直せ

鈴木勇人

ライフスタイルから考える 理想のマイホーム選び

樗澤 和樹

プロ建築士が絶対しない家の建て方

YouTube不動産 印南和行

貢献する経営 自社マンションブランドを全国に拡大した小さな建設会社の“他者ファースト”という経営哲学